総選挙で政権に審判下そう – しんぶん赤旗

Home » 廃線・廃駅 » 総選挙で政権に審判下そう – しんぶん赤旗
廃線・廃駅 コメントはまだありません

2017年7月17日(月)

愛媛3区補選で勝利を

松山 小池書記局長


写真

(写真)小池晃書記局長の訴えを聞く人たち=16日、松山市

 日本共産党愛媛県委員会は16日、小池晃書記局長を迎えて党創立95周年記念の演説会を松山市民会館(松山市)で開きました。次期総選挙の白川よう子比例予定候補、小選挙区4予定候補が決意を述べ、「原発ゼロ」や「安保法制廃止」を掲げる幅広い市民らがあいさつ・メッセージで共産党への期待を表明。小池氏は、総選挙での野党と市民の共闘の勝利、日本共産党の躍進とともに、10月の衆院愛媛3区補選での勝利を訴え、会場は大きな拍手と声援で熱気に包まれました。

 白川予定候補は「四国から原発ゼロ、中小零細企業支援、戦争法廃止、平和憲法を守ろうという願いを国政に届けるために、何としても議席を奪還したい」と力強く訴えました。

 小池氏は、東京都議選での自民党惨敗は、国政私物化・憲法破壊の暴走という安倍政権の政治姿勢にノーが突き付けられたものだと強調。愛媛3区補選では「野党と市民の統一候補を立ててたたかおう。自公に打ち勝つには本気の共闘が必要だ。安倍政権に審判を下そう」と訴えるとともに、「日本共産党を強く大きくしていただき、野党と市民の共闘をさらに進め、必ず暴走を食い止めよう」と力を込めました。

 暮らしの問題に話を進めた小池氏は「家計が冷え込む一方で、アベノミクスは大企業の利益と富裕層を増やしてきただけ。この道は『道半ば』でなく、行き止まりだ」と批判。四国電力伊方原発について「国内最大の活断層と言われる『中央構造線』の至近にあり、日本で唯一、内海に面した原発だ。事故時の被害は計り知れず、避難にも困難が生じる。ただちに運転を止め、全基廃炉にするべきだ」と訴えました。

 小池氏は、党創立95周年にあたり、「自由と民主主義を大切にする共産党を強く大きくできるかどうかに、日本の未来がかかっている。共産党躍進、野党と市民の共闘で必ず安倍政権を倒し、新しい政治をつくろう」と呼びかけ、大きな拍手が鳴り響きました。

 八幡浜、宇和島、大洲各市議選の党予定候補が紹介されました。



関連キーワード



コメントを残す