ラブライブ!サンシャイン!!(沼津市) ヒロインたち躍り輝く街 – 産経ニュース

Home » 聖地巡礼 » ラブライブ!サンシャイン!!(沼津市) ヒロインたち躍り輝く街 – 産経ニュース
聖地巡礼 コメントはまだありません



 昨夏、映画やテレビドラマのロケ地になった30都府県55地域が魅力を競い合う「全国ふるさと甲子園」で「行きたいまち」ランキングのグランプリに輝いた静岡県沼津市。学校の部活としてアイドル活動を行う高校生の奮闘を描いたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台だ。“聖地巡礼”に訪れるファンも多く市内はバスやタクシー、船もアニメから飛び出したヒロインたちに彩られている。

 第1話で主人公・高海千歌(たかみ・ちか)が後のメンバーと知り合い、海に落ちたのが「沼津大瀬湾内めぐり」の船が出る桟橋。隣は三津(みと)浜で千歌の家の前。少女たちが夢を語り、壁にぶつかって落ち込み、奮起するキーポイントとなる砂浜だ。駿河湾越しに富士山が望めるスポットでもある。

 東京でのイベントで惨敗。スクールアイドルの甲子園「ラブライブ」に向けて“ゼロからのスタート”を誓って特訓する夏合宿も三津浜が舞台。波が穏やかな海水浴場で、物語と同様に海の家もある。海の家でヒロインたちが創作した料理「シャイ煮」や「堕天使の泪(なみだ)」は、近くの淡島ホテルのランチメニュー(要予約)となっている。

 千歌の実家のモデルは、国の有形文化財で太宰治(1909~48年)ゆかりの安田屋旅館。若女将(おかみ)の安田麻紀さんは「お客さんは10倍は増えた」と“聖地効果”の恩恵を受けている。今秋のアニメ第2期放送での増客を予想し、「(従業員の休みがとれるように)シフトをきちんと組んだ」という。

 主な舞台が市中心部から車で30分の内浦地区。実在する企業・団体、商品名も実名で登場する。水族館「あわしまマリンパーク」「伊豆・三津シーパラダイス」の入場券やバス停はヒロインたちとコラボレーション。隣接する伊豆市を走る伊豆箱根鉄道(西武鉄道)の駿豆線を皮切りに、バスやタクシー、東海バスオレンジシャトル(小田急)もラッピングされ、9人の少女たちが躍っている。

 土日や夏休み期間中は作品のグッズを身につけた若者が内浦地区を練り歩く。新鮮なアジが堪能できる内浦漁業直営「いけすや」や和洋菓子店「松月」も「客層が一気に若返った」と多くの来客にうれしい悲鳴。「ファンに支えられている」と笑うのは松月の瀬川公伸店長。店内のポスターやBGMもファンからの提供、CDの中で紹介された「みかんどら焼き」は売り切れ必至の人気商品だ。月1、2回は聖地巡礼に訪れる神奈川県の会社員、飯塚祐太さん(23)は「ファンと地域と制作側が協力して支え合っているのが魅力」と語る。

 アニメの舞台となった場所は単に“作品の力”に頼るだけではなく、独自にスタンプラリーを実施するなど、ヒロインたちと同様に「もっと輝きたい」と奮闘し、沼津の魅力を伝えようとしている。 (吉沢智美)

                   ◇

 風光明媚(めいび)な景色や魅力的な街並み、由緒ある名所が数多い甲信越や静岡の県内には小説やアニメ、ドラマの舞台となった地域が少なくない。東京から比較的近い利便性の高さもあり、近年は映画のロケ地に選ばれるケースも増えている。作品に登場し、知る人ぞ知る「聖地」となったスポットを記者が訪ねた。

                   ◇

 ■メモ 統廃合の危機に瀕する静岡県沼津市内浦の「浦の星女学院」高校を盛り上げようと9人の生徒が結成したスクールアイドル「Aqours(アクア)」の奮闘と成長を描くメディアミックス作品群。平成27年の漫画読者参加企画を皮切りに、28年7~9月にテレビアニメ全13話がBS11などで放送された。今秋第2期を予定。ブルーレイ全7巻は38万枚超(アニメDVD・BD売り上げまとめwiki調べ)。






コメントを残す