京都市「番組小学校」の廃校再生。想い出の母校を住民・民間・市、三者 … – エキサイトニュース

Home » 廃校活用 » 京都市「番組小学校」の廃校再生。想い出の母校を住民・民間・市、三者 … – エキサイトニュース
廃校活用 コメントはまだありません



少子化の影響で統廃合が進む小学校。地域のシンボルともいえる元・小学校をどうすれば活かせるのか?

多くの人にとって懐かしい想い出が胸に刻み込まれているであろう小学校時代。何度も通ったあの道。たくさんの友達。好きな先生はもちろん、苦手な先生もいた。私が小学生だったのはもう30年以上も前になるが、今でも色褪せない想い出がたくさんある。

たくさんの人々に多くの想い出を残してきた小学校が少子化の影響を受け、統廃合が進められている。文部科学省のデータを参考にすると、1985年(昭和60年)には全国に25040校あった小学校が、2015年には20601校に減少。それでは小学校が統廃合されるとどのような問題があるのか考えてみる。

まず、小学校は教育の場として以外にも災害時などの防災拠点として活用されるなど、地域社会の重要な施設であることがまず挙げられる。また山間部など過疎地域の小学校の場合、廃校が決まったら人口流出による地域の衰退も容易に想像がつく。歩いて行ける距離にあった小学校が統廃合されて遠くなったら、子どもたちの体力的・時間的な負担も大きくなってしまうだろう。また、やはり通っていた小学校がなくなるのは寂しいと思うのが人情だ。

しかし、前述したように地域の活力源とも考えられる小学校の数は30年の間に約2割も減少している。廃校になった小学校をいかにうまく活用するかが、地域の活性化につながるといっても過言ではない。






コメントを残す