古民家など「地域に眠る歴史的観光資源」を発掘せよ!2020年までに全国200地域での取組を目指す「歴史的資源を活用した観光まちづくり」とは?古民家や城下町などを … – エキサイトニュース

Home » 観光 » 古民家など「地域に眠る歴史的観光資源」を発掘せよ!2020年までに全国200地域での取組を目指す「歴史的資源を活用した観光まちづくり」とは?古民家や城下町などを … – エキサイトニュース
観光 コメントはまだありません



観光庁では、歴史的資源を活用した観光まちづくりの取組の全国拡大に向けて、10月18日より順次、「歴史的資源を活用した観光まちづくりセミナー」 を全国9都市で開催します。これは 地域に眠っている資産である古民家等の歴史的建造物を宿泊施設やレストラン等に活用し、地域の活性化につなげる という取り組みです。実際の取組の内容や事例などを詳しく見てみましょう。

歴史的資源を活用した観光まちづくり より引用

歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース

これは平成28年3月30日に 「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」 にて決定された「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、農山漁村を含めた地方に広く存在する古民家等を活用した魅力ある観光まちづくりを推進する方策等の検討等を行うために、内閣官房長官を議長として立ち上げられたものです。

【解説】明日の日本を支える観光ビジョン?ビジットジャパンキャンペーン?わかりにくい政府や観光庁の取り組みの構造をまとめました | 訪日ラボ

政府では、古くから住まう地域の人々と、外部の様々な専門知識を持った事業者とが一体となって地域再生に取り組み、そうした中で、観光による交流人口の拡大を通じて、

  • 耕作放棄地が解消されるなど限界集落が一変する姿
  • 地域の空き家や商店街の空き店舗が改修・活用されて、本来のまちなみを取り戻した姿
  • さらには、新たな雇用が生まれ、UIターンの若者が増加したり出生率が大幅に向上するなど、まちやむらに人が戻り活気がよみがえってきたという姿

の中に、今後の観光・地域振興の鍵がある という課題認識をしています。こうした課題の解決のために「歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース」が生まれ、この中で、古民家等の歴史的資源を各地域で観光資源として再生・活用する民間有識者へ複数回ヒアリングが行なれ、その内容が中間取りまとめとしてまとめられました。

中間とりまとめにおける各課題と対応策

中間とりまとめとしては、「人材」「自治体・情報発信」「金融・公的支援」「規制・制度改革」に関してそれぞれ以下の対応策がまとめられました。






コメントを残す