愛称「かめまるマート」に 京都・亀岡駅観光案内所 – 京都新聞

Home » 観光 » 愛称「かめまるマート」に 京都・亀岡駅観光案内所 – 京都新聞
観光 コメントはまだありません



「かめまるマート」の愛称をPRする看板(亀岡市追分町・JR亀岡駅観光案内所物産店)
「かめまるマート」の愛称をPRする看板(亀岡市追分町・JR亀岡駅観光案内所物産店)

 亀岡市観光協会は、同市追分町のJR亀岡駅観光案内所物産店の愛称を「かめまるマート」に決め、このほどお披露目した。品ぞろえの魅力を高めるため、亀岡の地酒と焼酎の取り扱いも同日から始めた。

 観光客や地元市民に親しまれる店づくりの一環で、一般募集していた。市内外から65点が集まり、審査の上で同市余部町の藤村春子さん(86)、仲田丞治さん(61)の2人が応募した案を選んだ。

 市観光マスコットキャラクター「明智かめまる」の名前と「市場」を意味する英語の「マート」を組み合わせた。今後、広告などに幅広く活用する。

 物産店では、受け付けカウンターの周囲に愛称を記したポスターなどを張り出し、観光客らを迎えた。

 店頭には新たに大石酒造、関酒造、丹山酒造の市内3蔵元の清酒と三煌産業の焼酎が並び、買い物客が品定めしていた。

【 2017年10月13日 17時00分 】

関連記事     

ニュース写真

  • 「かめまるマート」の愛称をPRする看板(亀岡市追分町・JR亀岡駅観光案内所物産店)
  • 愛称の使用開始に合わせて新設した亀岡市内の清酒と焼酎の販売コーナー

京都新聞デジタル版のご案内

地域のニュース



コメントを残す