百戦錬磨、民泊施設初のAIチャットコンシェルジュサービス「Bebot」の … – エキサイトニュース

Home » 民泊 » 百戦錬磨、民泊施設初のAIチャットコンシェルジュサービス「Bebot」の … – エキサイトニュース
民泊 コメントはまだありません



株式会社百戦錬磨は、2017年10月より民泊施設としてはじめて、株式会社ビースポークの運営する訪日外国人旅行者向けAI人工知能)チャットコンシェルジュサービス「Bebot(ビーボット)」の提供を開始する。

「Bebot(ビーボット)」の画面イメージ

カスタマーサービス業務をAIにより自動化することで、対応スタッフの負担軽減や旅行者の満足度向上などを目指す。まずは、自社運営である民泊1棟マンション「SJ大阪セントラル」で試験導入し、今後サービス利用状況に応じて導入施設を拡大する予定。

特区民泊をはじめとする家主不在型の民泊サービスにおいて、予約時の質問やチェックイン/アウトのやり取り、設備やハウスルールに関する相談など、旅行者の問い合わせに対する多言語での迅速な対応が必須となっている。

Bebotを導入することで、旅行者がスマートフォンからFacebook Messengerなどのメッセージングツールを使いチャットで問い合わせをすると、AIが24時間365日いつでもリアルタイムに自動対応する。

宿泊施設とのコミュニケーション手段としてチャットを選択する訪日外国人旅行者も多いことから、ニーズに合わせたツールで滞在中のさまざまな相談の解決を図る。






コメントを残す