WOULD、築65年の学校がオフィス&ホテルに再生 – リフォーム産業新聞

Home » 廃校活用 » WOULD、築65年の学校がオフィス&ホテルに再生 – リフォーム産業新聞
廃校活用 コメントはまだありません



キーワード:公共施設のリノベーション

 廃校となった幼稚園と小学校をオフィスやゲストハウスにリノベーションし、校庭には「小屋」が複数建てられているー。千葉県の最南端、南房総市白浜町でユニークな再生プロジェクトが進められている。この建物「シラハマ校舎」の運営を手掛けるのは合同会社WOULD(千葉県南房総市)の多田朋和代表。多田氏が提案したいのはこの廃校を拠点とした「2拠点居住」というライフスタイルだ。

WOULD シラハマ校舎の外観や屋根は多田氏が自らリフォームシラハマ校舎の外観や屋根は多田氏が自らリフォーム

東京から2時間

 「シラハマ校舎」は千葉県南房総市にあり、東京からは約2時間という距離にある。近くには海が広がり、校舎の裏には山林が生い茂る。自然豊かなリゾート地として別荘も少なくない。

 シラハマ校舎は元々は旧長尾幼稚園・小学校として利用されていたが、5年ほど前に廃校。南房総市は良い利用案を探しており、2度コンペを開催。3年前に再生・運営を手掛けた合同会社WOULDと「無印良品」を展開する良品計画(東京都豊島区)の共同案が採択され、再生プロジェクトがスタートした。市から10年契約で土地建物を借り上げ、同社が再生・運営するというスキームだ。

 校舎は築65年の木造の平屋。校庭を含めると敷地面積は1万平米ほどあるが、校舎のみでは1000平米ほど。この校舎を働く場としての「オフィス」、旅行者が泊まれる「ゲストハウス」、そして飲食を楽しめる「レストラン」の3つの機能を持つ複合施設へと生まれ変わらせた。

 さらにユニークなのはかつては校庭だった土地に良品計画が開発した「無印良品の小屋」を21棟分譲する計画。ここは暮らす場としての居住地となり、シラハマ校舎では働く、泊まる、食べる、生活するといった多様な価値を提供している。

WOULD 通路はそのまま既存の「廊下」を生かした通路はそのまま既存の「廊下」を生かした

教室は仕事場に

 ゲストハウスは「R」と「L」という2種の部屋を用意。ここは元コンピューター室だった場所だ。「R」は編み物のアート作品を軸にデザイン。アーティスト「シューデイ」の楽屋裏がテーマとなっており、化粧台はハリウッド女優が使いそうなダブルミラーを用意し、椅子とテーブルは地元木工作家のオリジナル。床はサンブスギのパーケットフローリング。壁はベニアに塗装して仕上げた。

 「L」は映画監督「スパイクリー」をモチーフにしたアート作品からインスパイアして作った。床にはダークウッド材のヘリンボーン貼り、壁も暗めに仕上げ、ニューヨークで使われていた70年前のプレジデントデスクを配置。「中に入ると驚く空間が広がっているというギャップを狙いました」と多田氏は話す。いずれもかつては学校だったことを感じさせないデザインとなっている。

WOULD 映画監督スパイクリー氏をテーマに再生した宿泊部屋映画監督スパイクリー氏をテーマに再生した宿泊部屋

 教室はオフィスとして再生した。合計10個あり、67平米の「大」タイプが2つ、34平米の「小」タイプは8つある。現在は7部屋が借りられている。「小」タイプは小学校の教室の中央に間仕切りを設けて2つに分割したもの。

 ユニークなのはオフィス内は利用者が自由に改装でき、原状回復義務がない。例えば、天井壁を取って空間を広くしたりするオフィスもある。借り手は地元情報を発信したいメディアや地域の研究を手掛けたい大学のサテライトオフィス、企業コンサルタント、サーフィンスクールなどもある。

 また、厚生労働省が進める「リモートワーク」推進プロジェクトのモデル部屋として利用されたり、大教室を「AWASELVES」というコワーキングスペースとして再生したり、様々な形の働く場を用意している。

WOULD 学校教室はそのままオフィスとして利用学校教室はそのままオフィスとして利用。借り手が自由に改装可

既存品を生かす

 元々幼稚園の遊戯室だった部屋はレストラン「Bar del Mar(バーデルマル)」にリノベーション。ここでは地元の魚介類や野菜を中心とした料理を振る舞う。「地産地消を心掛けています」(多田氏)

WOULD 元々幼稚園だった場所はレストランに生まれ変わった元々幼稚園だった場所はレストランに生まれ変わった

 ユニークなのは既存のものをうまく利用していること。例えば、テーブルは図工室で使っていたものをカスタム。棚は化学室にあったものだ。

 またユニークなのは家庭科室にあったキッチンを再設計して作った「シェアキッチン」が2台あること。これはオフィスを借りている人や宿泊者、小屋の居住者などが自由に利用できる共同の調理場。「地元の食材を買ってきて食べたり、自由に使えます」(多田氏)。

 リノベーションのポイントを多田氏に聞くと「コストをかけずにいかに価値を生み出すか」だという。なるべく既存品を利用することだったり、素材自体は安くても仕上がりとデザインで見た目を良くする設計アイデアをフル活用したり、また、多田氏自身も屋根のメンテから塗装、床壁の施工などを手掛けるなどしてコストを抑えた。「普通に見積もりを取ったら1億5000万円以上かかると言われましたが、工夫を凝らしたことで融資してもらえた4000万円で収めることができました」。主にコストをかけたのは浄化槽のリニューアルと住宅設備だったという。なお、木造ということもあり耐震診断をしたが補強の必要はなかった。

WOULD 校舎は木造。レストランの天井は既存が見えるようにした校舎は木造。レストランの天井は既存が見えるようにした


キーワード:進む二拠点居住

350万円の別荘

 校庭だった土地には、つかず離れずの距離に10棟の「小屋」が点在する。これは良品計画が開発・販売を手掛ける新たな住まいの形。

 校庭に21区画の小屋を分譲するプロジェクトで、現在10棟が成約済み、既に4棟が引き渡しされている。

「無印良品の小屋」「無印良品の小屋」。校庭に21の「小屋の分譲地」ができあがる予定

 当然「小屋」であるため、室内の広さは6畳というサイズ。中央にあるモデルハウスにはシングル用のベッドと照明、読書用の小さなテーブルが置いてあり、それで大半のスペースが埋まってしまう。だが、これを東京都がもう一つの住まいと考えるのであれば、これで十分なスペースだとも考えられるという。「海や山がありますから、例えば日中はサイクリングをして、夜はここに戻って
きて、静かに読書を楽しんでから、眠る。庭では農作業することをお勧めしていますので、次の日の朝起きて庭の手入れをして楽しむといった生活だってできます」(多田氏)

 また小さいことは売値も抑えられる。この小屋の1棟の価格は300万円で外構施工費50万円と合わせて、350万円でリゾート地に別荘が持てるのだ。なお管理費は月1万5000円かかる。

 「個人で買われる方も多いのですが、実は企業が福利厚生の一環として購入するケースが3棟ありました。保養所として社員が利用できるようにするのではと思っています」

小屋の室内は無印良品らしいシンプルで無駄のないデザイン小屋の室内は無印良品らしいシンプルで無駄のないデザイン

廃校再生のモデルに

 しかし、なぜ多田氏はシラハマ校舎を軸に2拠点居住を推進するのか。多田氏はこう話す。「私もこの地に住んでいるので分かるのですが、すぐそばに海や山があり、都会に比べればストレスフリーな生活ができると感じています。こういう場で暮らすことを提案したい。例えば東京で15万円の賃貸に住んでいるのなら、それを半分にしてその残りのお金でこちらに部屋を借り、週末は田舎で過ごす。今は高速バスなどが充実していて東京に2時間程度で行き来できるため、移住しなくても2つの生活が楽しめる。これは南房総ならでは」

 今後はこのモデルを成功させ、他の自治体の廃校活用のモデルにしていきたいと話す。






コメントを残す