失敗に次ぐ失敗 やっとの思いで福井入りしたら、まさかの「取材不可」 – 産経ニュース

Home » 廃線・廃駅 » 失敗に次ぐ失敗 やっとの思いで福井入りしたら、まさかの「取材不可」 – 産経ニュース
廃線・廃駅 コメントはまだありません



 米トランプ政権の国防長官、ジェームズ・マティス氏(67)のニックネームは「マッド・ドッグ(狂犬)」であることは、「産経ニュース」のユーザーならすでにご存じだろう。なんでもマティス長官は勇猛果敢なだけでなく、冷静で知的な言葉遣いができる人物らしい。一つの真実を追い求め、深層を読み解くニュースハンターに必要な資質にも通じる。ならばぶかにも「マッド・ドッグ」が欲しい。WEB編集チームの1人の中年記者にS編集長は望みを託した。行け、「マッド三枝」!。お前はマッド・ドッグになるのだ!!

      

羽田から約1時間、小松空港はすでに夕闇が迫っていた。そこからまた約1時間、自分以外に1人しか乗っていないバスに揺られ、福井駅に着いたバスをやっとの思いで降りると、メガホンを通した大声が耳に飛び込んできた。

 「原発は廃炉に。危険な原発を停止しよう」

 左派系の団体だろうか。駅前の一角に陣取って、20人ほどが集まっていた。10月9日。東京より風に秋を感じる。もう選挙は始まっていた。

 福井市役所の近くに目指す事務所があるという。電話をかけると、事務所にいた女性は親切に教えてくれた。

続きを読む






コメントを残す