民泊を便利に ロボットがお手伝い – NHK

Home » 民泊 » 民泊を便利に ロボットがお手伝い – NHK
民泊 コメントはまだありません



住宅の空き部屋などを旅行者に有料で貸し出す「民泊」に参入する企業などが増える中、案内や困りごとに対応する人手の不足が課題になっています。そこで人に代わってロボットが宿泊者に対応するサービスが登場しました。

このサービスは大手IT企業の「ヤフー」とロボット開発のベンチャー企業が来年春から始めます。

19日は東京都内の民泊の施設で、ロボットの仕事ぶりを公開しました。ロボットは部屋のテーブルの上などに置ける大きさで、人と会話ができる機能が特徴です。旅行者が部屋に到着すると宿泊に関する注意点を教えてくれるほか、民泊の部屋のオーナーからの伝言や天気予報や防災情報を伝えることができます。

旅行者はロボットを通して問い合わせや困りごとなどのメッセージをオーナーに送ることができます。またセンサーで騒音を検知し、宿泊者が大声で騒ぎ、近隣の迷惑になりそうな場合は「もう少しお静かにしていただけませんか」と声をかけて注意します。

現在は、日本語と英語を使うことができますが、中国語と韓国語にも対応できるようにしたいとしています。

ベンチャー企業「スマートロボティクス」取締役の井島剛志さんは、「ロボットは動きながらメッセージを伝えられるので、単なる文字や音声よりも豊かに伝えられます。ユーザー体験は大きく変わると思っています」と話しています。






コメントを残す