池袋・雑司ヶ谷で「イケブクロリビングループ」 マルシェなど – 池袋経済新聞

Home » マルシェ » 池袋・雑司ヶ谷で「イケブクロリビングループ」 マルシェなど – 池袋経済新聞
マルシェ コメントはまだありません



池袋・雑司ヶ谷で「イケブクロリビングループ」 マルシェなど

グリーン大通りで過去に開催したマルシェの様子

写真を拡大

 池袋東口グリーン大通り、南池袋公園を中心に11月18日・19日、イベント「IKEBUKURO LIVING LOOP(イケブクロ リビング ループ)」が開催される。

「nest marche」の拡大版を開催

 グリーン大通り・南池袋公園と鬼子母神・雑司が谷を結ぶエリアを、「市民のリビング」のように感じられる企画を展開する同イベント。主催はグリーン大通りエリアマネジメント協議会。

 グリーン大通りをリビングのようにするため、ストリートファニチャーを各所に設置。木の屋台、ベンチ、ハンモックなどを並べるほか、かいわいの沿道の店の軒先でも小さなリビング空間を展開する。

 グリーン大通り・南池袋公園で毎月開催している「nest marche」の拡大版も開催。フードやアルコール、雑貨、アクセサリーなど直接作り手が販売するほか、豊島区内の店や豊島区で活動する作家の出店も多数あるという。

 グリーン大通りでは、「豊島区の面白い人を集める」トークイベント子ども向けの運動教室、ライブパフォーマンス、ゲームゾーンなども展開。

 豊島区に本社を構える無印良品がつながってきた各地域・人との取り組みを紹介する「Open MUJI」では、青果マルシェ、い草や木材を使ったワークショップ、木でできたおもちゃを並べる「木育広場」、木材の製材工程で出る端材を詰め放題で提供する「もったいない市場」などを開催。

 奥池袋・雑司が谷エリアでは、街の店が「まちなかのリビング」として特設コーナーを設置。雑司が谷の鬼子母神堂と大鳥神社で月1度開催している「雑司ヶ谷手創り市」と連携した「もったいない工房」ワークショップも行う。

 開催時間は、18日=12時~20時、19日=10時~16時、雑司ヶ谷手創り市=9時~16時。






コメントを残す