干し芋や常陸牛 茨城県特産品PR 都内でロビー展 – 茨城新聞

Home » 特産品 » 干し芋や常陸牛 茨城県特産品PR 都内でロビー展 – 茨城新聞
特産品 コメントはまだありません



2017年11月14日(火)

干し芋や常陸牛 茨城県特産品PR 都内でロビー展

本県の特産品の魅力をPRするロビー展=東京・八重洲
本県の特産品の魅力をPRするロビー展=東京・八重洲

東京・八重洲の商工中金本店で13日、本県の特産品や観光をアピールするロビー展が始まった。12月15日まで。

ロビー展は県が全面的に協力し、銀座の県アンテナショップ「茨城マルシェ」で販売する約60品目を展示。納豆や干し芋、常陸牛、お米、地酒など地域色豊かな商品が並んだ。

地域経済の活性化に取り組む商工中金は、各県の自治体などと連携して昨年7月から順次ロビー展を開いており、本県で26回目。

ロビーでは県が制作した観光DVDを放映し、牛久市出身の横綱稀勢の里関の特大パネルも設置されている。商工中金は「茨城はおいしいものが豊富。魅力をしっかりと伝えていきたい」とPRした。






コメントを残す