水ギョーザが味噌汁代わりも 本場宇都宮、各店に特色 – 日本経済新聞

Home » 町おこし » 水ギョーザが味噌汁代わりも 本場宇都宮、各店に特色 – 日本経済新聞
町おこし コメントはまだありません



 栃木県宇都宮市は「ギョーザの町」として全国にその名を知られる。毎年、ギョーザ消費量日本一を静岡県浜松市と激しく争い、その結果はニュースで報じられるほど有名だ。

 しかし、浜松餃子には円形の焼き方や添えるモヤシなどの「目印」があるのに対し、宇都宮にはそれがない。「宇都宮餃子」というブランドは認識していても「宇都宮のギョーザってどんなギョーザ?」に即答できる人は少ないかもしれない。

 では「宇都宮餃子」とはいったいどんなギョーザなのか。それを確かめるべく、11月4、5日に開催された「宇都宮餃子祭り2017」の会場を訪れた。

多くの来場者でにぎわった「宇都宮餃子祭り2017」

 1999年に始まり、今回で19回目を迎えたイベントは、2日間で15万人もの来場者を集めた。キャッチフレーズに「年に一度の宇都宮餃子のファン感謝祭」とあるように、人気の28店が一堂に会し、しかも1皿3個100円で自慢のギョーザを提供するとあっては、大行列もいたしかたない。

 会場で、ギョーザを通じた地域活性化とギョーザ文化の普及振興を目指す協同組合、宇都宮餃子会の鈴木章弘事務局長に宇都宮餃子の特徴について話を聞いた。

 特徴の一つはギョーザ専門店の多さ。一般的には中華料理店やラーメン店の1メニューとしてのギョーザが評判になることが多いが、宇都宮の場合はギョーザしかメニューにない店が多いのだ。店によってはビールも出さない、さらにはライスすらもないという店もあるのだから、まさに「専門店」だ。

 そうした人気店には、焼きギョーザのほかに水ギョーザ、さらには揚げギョーザなどメニューにバリエーションがあることも特徴だという。

会場で販売された各店のギョーザ

 2001年に宇都宮餃子会が発足するにあたって、各店がそれぞれ競い合うことで発展してきた宇都宮餃子の歴史を背景に「あえて「これが宇都宮餃子」というモデルを作るのではなく『味はそれぞれ競い合い、宣伝は共同』で運営」(鈴木事務局長)することを決めた。

 各店で、焼き、水、揚げとを食べ比べ、さらに店を変えて、あんや皮、形、焼き方の違いも楽しむ……。そんなところが宇都宮餃子の特徴と言える。味や形ではなく、ギョーザを食べるスタイルが「宇都宮餃子」と言えるだろう。






コメントを残す