IDOM、DeNA「Anyca」、akippaが提携 中古車購入者・売却者に車や駐車場のシェアを提案 – MarkeZine

Home » シェアリングシティ » IDOM、DeNA「Anyca」、akippaが提携 中古車購入者・売却者に車や駐車場のシェアを提案 – MarkeZine
シェアリングシティ コメントはまだありません



 個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」を提供しているディー・エヌ・エー(以下、DeNA)、中古車買取販売の「ガリバー」を運営するIDOM、駐車場シェアサービス「akippa」を運営するakippaの3社は、シェアリングエコノミーの普及に向けた事業連携を開始した。

 今回の事業連携は、ガリバーを中心としたIDOMの店舗で車を売買する顧客に、Anyca・akippaを通じて車、駐車場を「所有」するだけではなく「シェアリング」するという新たな利用の提案を行うもので、静岡エリアより順次開始する。

 各社の狙いは下記の通り。

Anyca

 Anycaは、駐車場に眠っている車をカーシェアすることで、車の維持費を軽減し、より気軽に車を所有できるサービスで、DeNAが2年前から運営している。今回の連携をきっかけに中古車買取販売の顧客に、個人間カーシェアを提案していきたいとしている。

IDOM

 車を所有するだけではなく空いた時間にシェアリングできる「Anyca」、空いている駐車場を休眠資産にすることなく活用できる「akippa」という2つのサービスを車の売買のタイミングでガリバーが紹介し、顧客に活用してもらうことで、車にまつわるコストを減らすことによる、購入活性化を見込んでいる。

 またガリバーを通して2つのサービスに登録した際に、ポイントクーポンの付与や受取金の増額といった特典を用意する。

akippa

 akippaでは、空いている駐車スペースを誰でも簡単に貸し出すことが可能で、貸し出した駐車場が利用されると、収入を得ることができる。ネット上で貸し出しを行うため、コインパーキングのような精算機器を設置する必要がなく、akippaへの掲載・登録も無料となっている。今回の事業連携により、ガリバーにて車を売却した際に空いてしまった駐車スペースを有効活用できるようになる。

【関連記事】
シェアリングスペースを活用して生活者との接点を創出!スペースマーケット、マーケ支援を本格化
フリークアウト、人工衛星向けアンテナシェアリングサービスのインフォステラに出資
AirbnbとCCCがパートナーシップ契約~日本でのホームシェアリングの利用者拡大目指す
ヤマト運輸とDeNA、自動運転社会を見据えた次世代プロジェクト「ロボネコヤマト」対象エリア拡大
神奈川県タクシー協会とDeNA、タクシー配車アプリに関する実証実験開始 AIを活用






コメントを残す