NY・セントラルパークで朝を満喫してニューヨーカー気分に – ORICON NEWS

Home » 聖地巡礼 » NY・セントラルパークで朝を満喫してニューヨーカー気分に – ORICON NEWS
聖地巡礼 コメントはまだありません



アメリカ最大の都市・ニューヨークでは朝からカフェやレストランが大賑わい。また、マンハッタンの中心にあるセントラルパークでは早朝からジョギングや犬の散歩に出かける人で溢れているなど、ニューヨーカーの間で「朝活」がブームになっています。ちょっと早起きしてきっと真似したくなるセントラル・パークでの朝の楽しみ方をご紹介します。

大都会の中のオアシス、セントラルパーク

写真:黒川 甚太

19世紀の間に約20年もの歳月をかけて完成したと言われているセントラルパークは、世界の中心都市ニューヨークのマンハッタンにあるとは思えないくらい広大な敷地を誇り、多くの樹木や植物で埋め尽くされています。その面積は3.4平方キロメートル、59丁目から110丁目に及ぶ、南北4キロメートル、東西800メートルのスケールで、敷地内には動物園や池、劇場、噴水などが点在しており、季節ごとに様々なイベントが行われています。
春は桜やモクレンがまぶしく、秋は紅葉が美しい。マンハッタンの中心にありながら、四季折々の顔をもつその様子はニューヨーク市民たちに長年にわたって愛され続けています。映画やドラマのロケ地としても多く使われているため、多くの人が一度は目にしたことがある世界的にも有名な公園です。

シープ・メドウでビル群を眺めながら日光浴を

写真:黒川 甚太

セントラル・パークと言えばココというくらい有名なのが「シープ・メドウ」。春から秋にかけて日光浴やピクニック、ペットと戯れる人々で溢れています。特に暖かい夏の時期になるとレジャーシートを敷き、一日中日光浴をするニューヨーカーでにぎわっています。ニューヨークのビル群を目の前にしながらはるか遠くまで広がる芝生広場が、都会の騒々しさを忘れさせてくれます。周辺には至るところに売店があるので、食事やおつまみを買ってのんびり過ごすのもおすすめです。

広大なセントラルパークを散策しよう

写真:黒川 甚太

北から南まで4キロメートルあるセントラル・パーク内にはジョギングやサイクリング専用のコースが用意されています。広大な公園内を巡るのに歩きまわるのは疲れてしまうかも、と感じる方にはレンタルサイクルがおすすめ。
公園の南側のコロンバス・サークル周辺で自転車をレンタルすることができます。徒歩ではなかなか行きづらいパークの北側に位置する湖「ザ・レイク」や「貯水池(ジャクリーン・ケネディ・オナシス・レザボワール)」、またこれらの景色を一望することができる「ベルヴェデーレ城」などサイクリングならではの楽しみ方があります。ニューヨーカーに交じって汗を流しながら、色々なスポットを探索することができるでしょう。

フォトジェニック!お姫様気分になって馬車に乗ろう

写真:黒川 甚太

ジョギングやサイクリング以外にも、広い園内を探索する方法として馬車があります。白馬に連れられながら大都会の中で自然を感じられるのはセントラル・パークだけの特権です。運転手がパーク内を案内しながら回ってくれるので効率よく回りたい方にピッタリ。公園南側のグランド・アーミー・プラザから乗ることができます。

憧れのニューヨーカーはすぐそこに

ニューヨークは世界最先端の都市であるとともにそこに住む人々もまた朝からアグレッシブに活動しています。それらの人々に愛され続けるセントラル・パークは巨大ビル群と自然の調和という非日常を感じることができるとっておきのスポットです。周辺にはエッグベネディクトなどニューヨークならではの朝食を召し上がれるレストランが点在しています。旅先でいつもより少し早く起きてニューヨーカー気分を味わってみませんか。

■関連MEMO
セントラルパーク
http://www.centralparknyc.org/

【トラベルjpナビゲーター】
黒川 甚太






コメントを残す