地方の体験型ツーリズムの具体例となるか 宮城インバウンドDMO、KADOKAWA、パソナが目指す「酒造ツーリズム」とは – エキサイトニュース

Home » 町おこし » 地方の体験型ツーリズムの具体例となるか 宮城インバウンドDMO、KADOKAWA、パソナが目指す「酒造ツーリズム」とは – エキサイトニュース
町おこし コメントはまだありません



訪日外国人からも人気の高い日本酒は英語では ライスワイン(米のワイン)」 と呼ばれ愛されています。こうした日本酒の魅力を活かしたインバウンド戦略として「酒造ツーリズム」がありますが、米どころ、酒処として有名な宮城県の宮城インバウンドDMOは株式会社KADOKAWA、株式会社パソナと共に、宮城県南の観光振興のため『宮城県南4市9町を中心とした国内外観光推進協定』を締結しました。これは宮城県内の酒造を巡る 「酒造ツーリズム」 によって宮城県南の観光振興を目指すものです。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

  • コト消費に対応!インバウンド動画プロモーションについて
  • ネット上の有名人を活用したインフルエンサープロモーションについて
  • インバウンドでは口コミが重要!SNSプロモーションについて
  • 人気インバウンドメディアを活用して情報発信!インバウンドメディアについて

一般社団法人宮城インバウンドDMOとは?

一般社団法人宮城インバウンドDMOは2017年3月17日に誕生したDMOで、パソナグループで、東北地方のインバウンド観光開発・プロモーション事業を展開する株式会社VISIT東北、インバウンド誘致・ツアーコンテンツ造成事業を行う株式会社侍とともに設立されました。

宮城県南4市9町が今年2月に設立した宮城インバウンドDMO推進協議会と連携する中で、宮城県南4市9町のインバウンド戦略を立案し、インバウンドをキーとした事業を展開し、交流人口拡大・地域経済発展に寄与する民間主体の団体です。これまでに「観光地域づくりの意識啓発研修」「おもてなし力向上研修」などを企画、開催しており、精力的に活動を続けています。






コメントを残す