夜明けの干潟、冬限定の造形美 たつの・新舞子浜 – 神戸新聞

Home » 町おこし » 夜明けの干潟、冬限定の造形美 たつの・新舞子浜 – 神戸新聞
町おこし コメントはまだありません



 兵庫県たつの市御津町の新舞子海岸で、朝日が干潟の模様を浮かび上がらせる冬季限定の光景が現れ、早朝から写真愛好家らが詰めかけている。

 同海岸には東西約1・5キロ、浜辺から沖へ約500メートルの干潟が広がる。同市によると、目安として潮位が30センチ以下になると、干潟の凹凸がくっきりと姿を見せる。日の出と干潮時刻が重なる日が多い12~2月は、印象的な自然の造形美を見ることができる。

 今季一番の冷え込みとなった6日朝、県内外から集まった人たちは震えながら夜明けを待ち、太陽が昇ると熱心にシャッターを切った。

 明石市の男性(69)は「光を反射した干潟の色合いや表情は一瞬で変わる。空気も澄んでひときわ美しかった」と話した。たつの市御津総合支所地域振興課TEL079・322・1001

(小林良多)






コメントを残す