「乗り鉄」の京急社員 日本の全線踏破後は全駅制覇に挑戦中 – ニフティニュース

Home » 廃線・廃駅 » 「乗り鉄」の京急社員 日本の全線踏破後は全駅制覇に挑戦中 – ニフティニュース
廃線・廃駅 コメントはまだありません



 全国の鉄道ファンにとって、一度は必ず抱く夢が「鉄道会社に就職すること」。子供の時から鉄道に親しみ、鉄道とともに育ってきたような熱心な鉄道ファンは「鉄道会社に就職しようとしても敬遠される」というのがファンの間では定説だが、京浜急行電鉄に務める重松祐一さん(49)は、日本全国のJR路線および私鉄路線をすべて乗り尽くしたという“乗り鉄”だ。重松さんに話を聞いた。

「私は小さい頃から鉄道好きで、マンガ本より時刻表が好きでした(笑)。京急に入社する前はツアーコンダクターをしていて、仕事で鉄道に乗る機会が多く、自然と乗車した区間が増えて、本格的に全線乗ろうと意識しました。JRは基本的に『青春18きっぷ』を使って30代なかばで完乗し、私鉄も40代なかばですべて乗り終わりました」(重松さん。以下同)

 重松さんは、会社では「京急ご案内センター」の副センター長を務める。「ご案内センター」には、多くの人から「沿線の河津桜の見頃は」「目的地までどうやって行けばいいのか」などといった問い合わせが寄せられる。重松さんは、センターでは答えられない内容について、担当部署にヒアリングする立場にある。そのため、京急の本社社員の多くは重松さんの存在を知っている。

「だけど、私がこんなに“乗り鉄”だというのを知っている社員は、ほとんどいないでしょうね」と重松さんは笑う。新線が開通すれば、それがどんなに短い区間でもすべて乗りに行っているという重松さん。乗り鉄としてある種の高みに達してしまうと、今度は“降りること”にも興味を覚えるようになったという。

「全線に乗ってしまうと、今度は『全駅を制覇してみよう』という考えが浮かんできました。ルールは、駅に降りたら、その列車を見送ること。つまりホームに一瞬降りて再び列車に乗るのはNGです。

 地方に行った時は、降りた駅でボーッと次の電車を待っていると時間がもったいないので、(乗降駅を増やすために)隣の駅まで歩くんです。昨年の夏には、三江線の全駅を乗り降りしてきました」

 さらっと三江線(さんこうせん)という言葉が出たが、これは島根県の江津(ごうつ)駅と広島県の三次(みよし)駅の約108キロを結ぶ路線で、1日の列車数はわずか5本。来年3月に廃線となることが決まっている。上り下りの列車を上手に乗りこなし、なおかつ「隣の駅まで歩く」というテクニックを駆使すると、1日5本しか列車が走っていない三江線でも、1泊2日で全35駅に乗り降りすることができるらしい。列車に乗っているより、歩いている時間が長そうだが……。旅先では同好の士と出会うこともあるそうだ。

「最近、“秘境駅”が流行になっていますが、北海道に小幌(こぼろ)駅という、外へつながる道路もなく、列車でしか行くことができない秘境駅があり、そこが廃止されるという噂があったので、降りに行ったんです(※その後、当面廃止は見送られた)。

 すると、同じく小幌駅で降りた人間が数人いて、声を掛けてみると、全員が数時間後の同じ列車で帰る予定だということが分かったので、『それなら一緒に散策しましょう』と。その時の仲間は全員が東京の人だったので、『小幌の会』と称して、今でも東京で集まっています」

 その鉄道仲間は重松さんが京急勤務だと知っており、“いちはやく情報を教えて”と言われることもあるそうだが、「内部にいると、知っていても逆に教えられないんですよ」と笑う。

 近年は休みの度に、廃止が検討されている駅や、廃止が決まった駅を回っているという重松さん。お勧め路線を聞くと、「海や水辺が好きなので、(青森県と秋田県を結ぶ)五能線」という答えが返ってきたが、京急のお勧めの景色はどこなのか?

「京急は都会の中と山の中を走っているのなので、なかなか海が見えないのですが、実は(横須賀市の)堀ノ内駅のちょっと手前で、下り電車の進行方向左側にパッと一瞬海が見えるんです。

 それからもう1つは、横の景色じゃなくて前の景色なのですが、(同じく横須賀市の)安針塚駅を過ぎるとトンネルが続いていて、ずっと直線なので、運転席越しに見るとトンネルが4つ見えるんです。4つ同時に見えるのは全国的にも珍しいので、面白いと思います」

 電車からの景色と言えば、誰もが「横」を思い浮かべてしまうが、「前方」とはさすが! そんな景色好きの重松さんは今、全駅制覇を目指しながら、かつて全線踏破した際には夜間で周囲の様子が分からなかった区間に昼間に乗り直し、景色を楽しんでいるという。






コメントを残す