【感彩写論】演出家はトンネル 兵庫・宝塚市 PM1:15 – 産経ニュース

Home » 廃線・廃駅 » 【感彩写論】演出家はトンネル 兵庫・宝塚市 PM1:15 – 産経ニュース
廃線・廃駅 コメントはまだありません



自然・風景


更新
sty1712110001




福知山線廃線跡のトンネル(長尾山第一トンネル)から見た紅葉 =11月23日午後1時15分、兵庫県宝塚市(山田耕一撮影)
福知山線廃線跡のトンネル(長尾山第一トンネル)から見た紅葉 =11月23日午後1時15分、兵庫県宝塚市(山田耕一撮影)

 昭和61年に廃線となった旧国鉄の福知山線跡。兵庫県を流れる武庫川沿いにあった線路を遊歩道として整備し、昨冬にオープンした。遅めの紅葉を狙ってリュックにカメラを詰め込み家を出た。

 JR福知山線の生瀬駅(西宮市)をスタートして武田尾駅(宝塚市)までの約5キロが人気のルート。お目当ての「長尾山第1トンネル」は武田尾駅の近くにあるので逆ルートをたどる。

 駅の改札を出てびっくり。家族連れから団体客まで人だらけ。あまりの人の多さに立ち止まることもできず、撮影に四苦八苦。

 ゆっくりと歩いて、集団と集団のすき間をさがす。

 雪が舞ってもおかしくない寒さの中、トンネルが“夕陽”のように輝く紅葉を演出してくれた。黒と黄色のコントラストが、燃えさかる炎のように見る人の心を温かくする。

 向かってくる人混みにおろおろしながらようやく撮れたのがこの一枚。

 今度はカメラを持たずに歩いてみようか…。(写真報道局 山田耕一)




コメントを残す