どうして“初音ミクの会社”は札幌にあり続けるのか? ミク“生みの親”が考える「地方創生」 – ニフティニュース

Home » 物産展 » どうして“初音ミクの会社”は札幌にあり続けるのか? ミク“生みの親”が考える「地方創生」 – ニフティニュース
物産展 コメントはまだありません



初音ミクが生まれて10年。今や世界的バーチャル・シンガーとして“活躍”する彼女を開発した企業、クリプトン・フューチャー・メディアは95年の設立からずっと拠点を札幌に置いている。なぜ札幌? 創業者・伊藤博之さんが語る北海道と地方創生の大きな可能性。( 前編 より続く)

■札幌ってちょうどいい大きさなんですよ

――「音の商社」として設立されたこちらの会社ですが、95年からずっと札幌にあるんですか?

伊藤 そうです。もともと僕は札幌にある北海道大学工学部の職員だったんです。それで、世間よりは早くインターネットが整備された場所にいたものですから、この技術を使えばいろんなことができるな、と感じて、お話ししたように音の売買を事業にした会社を札幌で登記したんです。でも、札幌にお客さんはほぼいないんですよ。効果音を買ってくれる放送局や映画会社、ゲーム制作プロダクションは東京に多いですから。

――東京に会社を移したほうが何かと便利だったのではないですか?

伊藤 でも、せっかくインターネットが整備され始めて、そのおかげでオンラインで音を販売できるんだったら、何も東京に会社を置くこともないかなと。それよりも、どういうネットのデザインにしたらお客さんに対して訴求力が高くなるかとか、そういうところから事業を組み立てることに傾注したんです。それに、札幌ってちょうどいい大きさなんですよ。

――ちょうどいい大きさ?

伊藤 ミラノやミュンヘンは人口140万人前後ですが、世界のハブになっていますよね。札幌の人口は190万人。札幌だってじゅうぶんハブ機能を持つ都市になれるはずです。そういった意味でもちょうどいいし、もともとIT系の企業を育む土壌がある土地でもあるんです。いわゆる「サッポロ・バレー」と呼ばれる所以でもあるんですが。

――北大工学部の伊福部達研究室で、学生が日本初のマイコンの会社を立ち上げたこともあったそうですね。1980年のことと伺いましたが。

伊藤  伊福部先生!  僕たぶん、北大ですれ違ったことがあると思います。面識はないんですが、存じ上げています。それ以来の「サッポロ・バレー」水脈は、今に至るまで流れ続けていると思います。

クリエイターをつないで「シメパフェ」が生まれた

――伊藤さんは道東の標茶町出身ですよね。札幌という都市の「ちょうどよさ」や、IT系企業に対する土壌のほかに、伊藤さんが持っている北海道への愛着もまた会社を札幌に置いている理由の一つなのかなと想像するんですが、いかがですか?

伊藤 愛着はもちろんありますが、北海道は何もなくて可哀想だからちょっと手伝うか、みたいな気持ちはさらさらないんです。それとは全く逆で、北海道にはものすごい可能性があると思ってます。先日、最北端の町、稚内の高校で授業をしてきたんです。200人くらいの生徒さんを前に「卒業したらこの宗谷圏内に残る人」って聞いたら、1割、2割の人しか手を挙げなかったんですよね。どこでもそうですが、地元の人っていうのは身の回りにある魅力に気づかないもの。でも、稚内を含む宗谷地方って優良な木材の産地として有名で、わざわざ移住して工房を開いて工芸品を作る人もいるほどなんです。こうした今あるものを、さらに良いものにしていくには発信力や、情報デザインの方法、それらを包括するITの素養というものが重要になっていくと思うんです。だから、授業で高校生に接しながら、もっといろんなことができる可能性があるんだよってことを、若い世代に伝えていかなきゃと思いを新たにしました。

――そうした「可能性」を広げていく試みがいわゆる「地方創生」につながっていくのだと思いますが、伊藤さんご自身は何か取り組みをされていたりするんですか?

伊藤 様々な分野のクリエイターのハブとして、北海道を盛り上げる役割の一端を担いたいと色々やっているところです。このクリプトンという会社のお客さんはほとんどがクリエイター。音を買ってくださるのはゲームクリエイターや映像クリエイターですし、初音ミクを使ってくださる方は音楽クリエイター。ミクの二次創作する方にはイラストレーターもいらっしゃるし、コスプレのための衣装デザイナーもいるし、さらには小説を書く方までいる。さらに、クリエイターという概念を広げてみると、北海道ならではの美味しい野菜をつくる農家とか、あるいは魅力的な観光地をつくろうとしている人とか、そういう人たちも「クリエイター」だと思うんです。そういう人たちをつなぐ試みを、ここ2、3年前から始めてまして、例えば「シメパフェ」とか。

――シメパフェって何ですか?

伊藤 飲んだあとのシメはパフェにしようっていう、札幌のブームです。

――謎のブームですね。

伊藤 いやまさに、謎のブームみたいに面白がって取り上げてくれるメディアがどんどん増えてきて、旅行雑誌の『じゃらん』とか、JTBとかから始まって、北海道物産展に呼ばれるようになり、『秘密のケンミンSHOW』でも取り上げてもらい、ついには『マツコ会議』にも取り上げられて……。もとは当社でカフェをつくるに当たり知り合いの酪農家に「美味しいソフトクリーム考えて」っていう話をしたところから始まったんです。あんまり数がいない牛の牛乳を材料にしたソフトクリームを作ってくれたんですけど、それがあまりにも美味しかったのでパフェにして、せっかくだから盛り上げちゃえと、ススキノでパフェを出しているお店と横連携しました。

■北海道のファンを増やすための「情報デザイン」とは?

――ブームを作ることもそうですが、先ほどおっしゃっていたように、情報発信のデザインの仕方はこれからますます重要ですよね。

伊藤 「どう伝えるか」は地方を盛り上げる上でも大切なポイントです。 「Domingo」 (http://domingo.ne.jp/)というアプリを作ったのも、そうした一環ですね。これは北海道のいろんな情報をお知らせするもので、まだベータ版の段階なんですが、目標は「道民倍増」。倍増といっても移住してもらおうということではなくて、北海道のことを気にする「バーチャル道民」を増やそうということなんです。今、北海道には530万人住んでいて、毎年の観光客は800万人。そのうち海外からの観光客は200万人なんですが、大抵の人はカニ食って、ジンギスカン食ってさよなら。そうした人たちに、北海道を離れた後も情報を得てもらってバーチャル道民として繋がっていてほしい。そんな人が500万人増えれば、道民倍増っていう計画なんです。

――いろんなクリエイターを巻き込んで、北海道のファンを増やそうとしているんですね。

伊藤 北海道・札幌の産官学を巻き込んで、今年1回目を開催した「No Maps」というイベントにも、当社で中心的に参画しています。アメリカのテキサス州で毎年行われている「サウス・バイ・サウスウエスト」、音楽フェスと映画祭とテクノロジー系のカンファレンスを合体させたようなイベントなんですが、これを札幌でやってみたいね、と始めたのが「No Maps」なんです。

――地方発のイベントにテクノロジー系のカンファレンスがあったりするのは珍しいんじゃないですか。

伊藤 かなり新しいことをやっている自信はありますよ(笑)。ピッチ(起業家によるプレゼン)のようなテック系のイベントの他にも、自動走行車を実際に市内で走らせる実証実験をNTTと組んでしてみたり、世界的なシェアリングサイクル企業である中国の「モバイク」に声をかけて、日本展開の第一号として札幌で試験的に展開してもらったり。北海道ならではの農業や漁業とAIを掛け合わせるディスカッションイベントなんかもしました。漁師さんが持っている水温等のデータと人工知能を組み合わせることで近未来型の水産業を探る「マリンIT」という分野があったりするそうです。はこだて未来大学の和田雅昭教授がその第一人者なんですが、いろんな面白い世界があるなあって、僕自身、勉強になりました。

■世界から共感される地方のあり方、見せ方はあるはず

――北海道のテクノロジー系企業といえば、堀江貴文さんが創業した液体燃料ロケット開発の「インターステラテクノロジズ」がありますね。

伊藤 北海道の経済界は今、人工衛星に力を入れつつありまして、その経済効果は北海道新幹線のそれより大きいそうです。ロケットの射場候補の十勝のあたりは人工衛星ビジネスの拠点に最適なんです。まさに、「新しい開拓地」として北海道に来る企業も増えていくんじゃないかなと感じています。

――どうして拠点を札幌に置いているのかという答えの一つが、今のお話にありそうですね。

伊藤 はい、ここが可能性のある開拓地だからというのはありますね。僕のやっている仕事は、もともとコンピューターを使って作り出した「音」を、アメリカの雑誌に自力で広告を出して販売したことに始まっています。フロッピーに音源データを入れて、海外に小包を送ったの覚えてますよ、今でも(笑)。それはもう30年近く前の話なんですが、あの頃でさえ、北海道にいながらにして海外と仕事ができたわけです。ましてやこの時代、東京から遠く離れた北海道にいるからとか、地方に住んでいるからといって、あれはできない、これはできないと可能性を狭めて考えることはナンセンスだと思います。むしろ、地方には開拓できる可能性がまだまだ秘められているんです。初音ミクが世界に愛される存在になったように、世界から共感される地方のあり方、見せ方はあるはず。これからもクリエイターが創生する「地方の姿」を追求していきたいと思っています。

写真=吉川麻子?

いとう・ひろゆき/クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役。1965年、北海道標茶町生まれ。北海学園大学経済学部卒業後、北海道大学職員として勤務、95年にクリプトン・フューチャー・メディアを設立する。2007年に「初音ミク」を発売。日本文化を海外に発信している功績により13年に藍綬褒章を受章した。

(「文春オンライン」編集部)






コメントを残す