ANA総合研究所、位置情報ビッグデータを用いた観光地域づくりの検討開始 – FlyTeam

Home » 町おこし » ANA総合研究所、位置情報ビッグデータを用いた観光地域づくりの検討開始 – FlyTeam
町おこし コメントはまだありません



ANA総合研究所は2017年11月30日(木)、KDDI、コロプラの3者で「位置情報ビッグデータを用いた多摩地域の観光動態調査と観光地域づくり」の検討を開始しました。

これは、KDDIが東京都市長会から「多摩地域における観光地域づくり推進支援業務」を受託して実施するものです。東京都市長会は、多摩地域での観光地域づくりを推進しており、3者でこの取り組みを支援します。

この事業は、KDDIが保有する位置情報ビッグデータをもとに、コロプラが多摩地域30市町村に来訪する観光客の観光動態分析を行い、多摩地域の観光資源の洗い出しや市町村ごとの観光客の周遊状況の分析結果をもとにコンサルティングを実施します。また、KDDIとANA総合研究所は具体的な事業案の検討や、多摩地域の観光振興に望ましい推進体制の整理を含めた実施方針や実施計画案の策定などを支援します。

3者は今後も、位置情報ビッグデータや観光分野に関する知見を活かし、地域課題の解決、観光産業の発展に貢献していくとしています。詳しくは、ANAのウェブサイトを参照ください。






コメントを残す