石垣島が「人気上昇中の観光地」で世界1位に 都会の日本と対照的 – livedoor

Home » 観光 » 石垣島が「人気上昇中の観光地」で世界1位に 都会の日本と対照的 – livedoor
観光 コメントはまだありません



 人気旅行サイト、トリップアドバイザーが発表した「人気上昇中の観光地」2018年度版で、沖縄県の石垣島が世界第1位に選ばれた。沖縄と石垣の大自然が海外からの旅行者を魅了しているようで、ランキングの他にも訪問を薦める記事が多数出ている。同じ南国であるハワイと比較されてきた沖縄だが、来訪者数で近くハワイを超えるとの予想もあるようだ。

◆ハワイを凌ぐ伸び率
 トリップアドバイザーは9日、「自然のままの青い海と白い砂浜」を誇る石垣島が、「人気上昇中の観光地」世界部門の第1位に輝いたと発表した。同サイト上のレビューをもとに、ホテル、レストラン、見所などに関する高評価数の年間の伸び率を指標にしたという。また、検索数と予約数の上昇割合を加味したとのことだ。2位につけたのはハワイののどかな村「カパア」で、注目度の上昇具合では石垣島がハワイを上回った形だ。

 テレグラフ紙では、沖縄の伝統衣装「かりゆしウェア」がアロハに似ていることなども含め、沖縄はハワイと比較されることが多かったとしている。訪問者数の増加率では、2016年に前年比10.5%増を記録し、2.9%に留まったハワイを大きく引き離した。訪問者の実数も877万人となっており、ハワイの893万人に迫る勢いを見せているようだ。ある国際的な旅行コンサルタント会社の社員は、間違いなくバリやハワイと比肩するようになるとコメントしているという。

◆良い意味で裏切られる
 こうした石垣や沖縄の人気の理由は、都会的な日本のイメージを良い意味で裏切っていることにあるようだ。カナダのグローブ・アンド・メール紙は、太陽の降り注ぐ悠々とした石垣島は、いつも働きすぎである日本本土の大都会とは対照的だと紹介する。白い砂浜とワイルドな植生がもたらす絶景のほか、パイナップルとサトウキビ畑、シュノーケリングスポットであるフサキビーチ、島の北東部に位置するサーファーに人気の海岸など、大自然の魅力を列挙する。

 ニューヨーク・タイムズ紙では、実際に夫婦で石垣島を訪れたフリー記者が体験を綴っている。曰く、島の町にはたくさんのレストランやバーなどがあるが、それよりも手付かずのビーチ、素晴らしく透き通った海のサンゴ礁、ヤシの木の森など、日本のイメージとは一味違う大自然に魅了されたとのことだ。野底マーペーとも呼ばれる野底岳をハイキングし、頂上でおにぎりをほおばったなど、石垣でのアクティビティを満喫した様子だ。山頂からの視界には、美しい森、長く続く真っ白なビーチ、そしてターコイズの海など、大パノラマが広がっていたという。石垣は「日本で最も美しい場所」だということばを何度も耳にしたとのことだ。

◆ゆったり、長生き
 沖縄全体に目を向けると、長寿のイメージも強い。テレグラフ紙は、世界一の長寿を誇ると紹介している。日本人の平均寿命は83.7歳と十分に長いが、沖縄では100歳を超える人の割合が日本平均の5倍にも達するとのことだ。健康的な食事に加え、ストレスの少ないライフスタイルが一因ではないかとしている。

 グローブ・アンド・メール紙(2017年4月9日)では島の文化について、「非の打ち所がない日本人の礼儀正しさ」に「ほのぼのとした島の感性」が混じっていると紹介している。おおらかな風土もストレス軽減に寄与しているのだろう。

 テレグラフ紙(1月9日)は、かつては飛行機の便がなく交通がやや不足であったとした上で、「しかし、スローペースな熱帯の楽園を目にすることを考えれば、行く価値はある」と強調する。スローな時間が流れる沖縄・石垣島に、世界の視線が集まっているようだ。






コメントを残す