松本・イオンモール近くにシェアアトリエ 委託販売やワークショップも – 松本経済新聞

Home » マルシェ » 松本・イオンモール近くにシェアアトリエ 委託販売やワークショップも – 松本経済新聞
マルシェ コメントはまだありません



 イオンモール松本近くの焼き菓子専門店「松本マフィン」(松本市埋橋1、TEL 0263-36-9543)3階にシェアアトリエ「ツクローネ」が1月4日、オープンした。

 店舗面積は約6坪。アトリエスペースとなる机が3つと、共有スペースとなる机と椅子、キッチン、作品を展示販売できる棚なども用意する。10センチ当たり100円で棚を貸し出す委託販売や、ワークショップの開催場所としての利用も可能。管理人の中村佳恵さんは、「委託販売は10センチ単位なのがユニーク。ディスプレーを工夫してコンパクトにまとめて出展する人も多い」と笑顔を見せる。

 「松本マフィン」は2009年春にオープン。当時、3階はエステが入っていたが退店したため、しばらくは倉庫として使っていたという。昨年5月ごろからアルバイトとして勤務を始めた中村さんが、アクセサリーを制作していることを知り、同店の植垣健太郎さん・洋(ひろみ)さん夫妻がスペースの活用を提案。「この広さを一人で使うのはもったいない気がして、シェアアトリエができればと考えた」と中村さん。昨夏から3人でペンキを塗ったり、床を貼ったりしながら少しずつ改装を進めてきた。

 刺しゅう糸を使い、大人向けから子ども用までさまざまなタイプのミサンガを作っている中村さん。「自分自身、いつか販売したいと思いながら、どうしたらいいか分からずにいた。私のように迷っている人が一歩踏み出せるような場所にしていきたい」と話す。

 1月19日からは「6Daysマルシェ」を開催。ハンドメード作品の展示販売のほか、ワークショップも行う。「多くの人に知ってもらえるように、イベントも定期的に企画していきたい。イベントをやっていないときでも見学は自由なので気軽に足を運んでもらえれば」とも。

 利用料は1カ月1万6,000円、利用時間は8時~22時。「6Daysマルシェ」は11時~16時、1月24日まで。






コメントを残す