愛媛)磨け地域の宝 空き家を清掃ボランティア 大洲 – 朝日新聞社

Home » 古民家 » 愛媛)磨け地域の宝 空き家を清掃ボランティア 大洲 – 朝日新聞社
古民家 コメントはまだありません



 かつての城下町の大洲市で空き家になった古民家などをボランティアで清掃しているグループがある。20~30代の若者が中心となって昨年春から始めた。「町家や古民家はまちの魅力。受け継ぎ、活用の方法を探りたい」と考え、「地域の宝」として磨きだした。

 ボランティア団体の名前は「YATSUGI」(やつぎ)。「家を(次代に)継ぐ」「矢継ぎ早に動かないと、空き家が壊されてしまう」との意味を込めた。

 大洲市は「伊予の小京都」と呼ばれ、中心部は城下町の歴史を刻み、郷愁をかきたてる木造建築が多い。ドラマや映画のロケ地になっており、その一つは1966年から1年間放映されたNHK連続テレビ小説「おはなはん」。ロケ地の肱南(こうなん)地区には「おはなはん通り」の名が残る。

 清掃活動は肱南地区で昨年春か…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら






コメントを残す