大手資本が種子を支配 公共品種守る新たな法律を【山田正彦・元農水大臣】一覧へ – 農業協同組合新聞

Home » 民泊 » 大手資本が種子を支配 公共品種守る新たな法律を【山田正彦・元農水大臣】一覧へ – 農業協同組合新聞
民泊 コメントはまだありません



2018.02.15 
大手資本が種子を支配 公共品種守る新たな法律を【山田正彦・元農水大臣】一覧へ

 主要農作物種子法(種子法)が今年4月から廃止になります。国会でほとんど審議されず、報道もされず、いとも簡単に葬り去られた法律だが、これまでコメ・麦・大豆の主要穀物の在来種を国が管理し、各自治体に原種・原原種の維持、優良品種の開発を義務付けてきました。これが廃止されることは、日本の農業ひいてはJAの農業振興にも大きな影響が生じる。新世紀JA研究会は、第14回課題別セミナーでこの問題を取り上げた。3者の報告の要旨を紹介します。

 種子法はいよいよ今年の3月末日に廃止されます。これまでは日本の主要農産物であるコメ、麦類、大豆の種子は、種子法によって公共の種子として国が管理して各都道府県に原種、原原種の維持、優良な品種の種子の増産等を義務づけていました。それによって、国産100%、伝統的な固定種でコシヒカリ、あきたこまち、ゆめぴりかなど、その土地の気候、風土に適した種子が安い価格で提供されてきたのです。

◆県が予算の削減も

山田正彦・元農水大臣、弁護士 これからは各県の優良品種の推奨制度がなくなって、コメも民間の種子、三井化学のみつひかり、トヨタ通商のしきゆたかなどのF1の品種、日本モンサントのとねのめぐみ、住友化学のつくばSDなどになってしまいます。
 種子法が国会で僅か5時間足らずの審議で廃止され、運用規則も昨年の11月15日に農水省次官通知でこれも廃止されました。それには廃止後の都道府県の役割として「一律の制度を義務つけていた種子法及び関連通知は廃止するものの、都道府県がこれまで実施してきた稲麦類大豆の種子に関する業務のすべてを、直ちに取りやめることを求めているものではない」と書かれています。事業を続けるのは構わないが予算は付けられませんよと言わんばかりの通知ではありませんか。
 野菜には種子法が適用されませんでしたから、30年ほどまでは国産100%でしたが、今では海外で90%が生産され、そのほとんどが毎年種子を買わなければならないF1品種になってしまいました。しかも海外の生産もモンサント、デュポンなど多国籍企業が生産しているのです。そのため野菜の種子の価格は30倍から40倍になったようにコメ、麦、大豆などの種子の価格が上がっていきます。
 現在はコシヒカリの種子は1kg400円から600円ほどですが、みつひかりの種子は、すでに3500円から4000円と7~10倍です。公共の種子がなくなれば、コメなどの種子の価格も際限なく上昇していくことが考えられます。
 次に懸念されるのは、民間の種子ビジネスは種子と農薬、化学肥料をセットで販売することです。住友化学のコメの種子つくばSDと生産者との契約書を入手しましたが、それには指定された農薬と化学肥料を使わなければならず、収穫されたコメも全て指定されたところに売却しなければなりません。違反したら損害賠償責任を生産者は負わなければならないのです。

◆育種の知見海外に

 さらに心配なのは種子法廃止と同時期に成立した農業競争力強化支援法8条4項には、これまで日本が蓄積してきた原種、原原種、優良品種の育種に関する知見をすべて民間に提供するとなっています。メキシコのトウモロコシ農家が北米自由貿易協定(NAFTA)で米国のモンサント、デュポンなどにロイヤリテイを支払いしなければトウモロコシが耕作できなくなったように。またフイリッピンのコメ農家も今では米国の種子会社にロイヤリテイを支払いしなければコメの生産できなくなったようになる怖れもあります。
 それ以上に心配なのは、天笠啓祐さんたちの調べによると、1999年にはモンサントはラウンドアップ(グリホサート)仕様の除草剤耐性のコシヒカリを開発して日本での試験栽培をしています。いずれ遺伝子組換えのコメが栽培されることになるのではないでしょうか。
 自民党安倍政権は農業改革だと称して農業の制度を次々に変えています。これはまさしく、TPP協定の内容そのものの実現です。私たちは3年前からTPP差止め違憲訴訟を提起して争ってきましたが、1月31日に東京高等裁判所の控訴審判決言い渡しがあり、「未だTPPは発効されていない」として敗訴しましたが、判決の理由には「種子法廃止はその背景にTPP協定があることは否定できない」とあります。
 私たち弁護団としては、種子法廃止は農業者の営業の自由(憲法20条)、及び国民の健康権(憲法13条、25条)に違反しているとして、近く種子法の廃止が憲法に反して違憲であり、農業者などが従来通りのコメなどを生産できる地位確認する旨の訴訟を提起する予定です。
 食糧安全保障法を議員立法で制定して、米国、カナダなどのように主要な農産物は公共の種子とする旨の1項を入れたらいかがでしょうか。

一覧はこちら






コメントを残す