フェデラー、世界1位復帰へ=史上最年長の36歳で-男子テニス – 時事通信

Home » 自治体ランキング » フェデラー、世界1位復帰へ=史上最年長の36歳で-男子テニス – 時事通信
自治体ランキング コメントはまだありません



 男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)が、19日付の世界ランキングで2012年11月以来の1位に返り咲くことが決まった。16日、プロ選手協会(ATP)の公式サイトが伝えた。
 現在世界2位のフェデラーはオランダのロッテルダムで行われているABN・AMROワールドに出場しており、16日に準々決勝を突破。準決勝以降の結果にかかわらず、週明けのランキングで1位のラファエル・ナダル(スペイン)と入れ替わる。36歳での1位は、03年に33歳で1位となったアンドレ・アガシ(米国)を抜いて史上最年長記録。
 フェデラーは04年2月に初めて1位となり、現時点の通算在位302週は歴代最長。今年1月には全豪オープンを制し、自身が持つ四大大会の最多優勝記録を20度に伸ばした。 (時事)(2018/02/17-18:06)


【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す