羽生連覇、宇野と表彰台=日本勢メダル9、海外開催最多 – 時事通信

Home » 自治体ランキング » 羽生連覇、宇野と表彰台=日本勢メダル9、海外開催最多 – 時事通信
自治体ランキング コメントはまだありません



フィギュアスケート男子のセレモニーで笑顔の(左から)宇野昌磨、羽生結弦、フェルナンデス=17日、韓国・江陵

 【平昌時事】平昌五輪第9日は17日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が男子66年ぶりとなる連覇を果たした。今大会の日本勢金メダル第1号。冬季五輪で日本選手の個人種目連覇は初めて。五輪初出場の宇野昌磨(トヨタ自動車)も銀メダルを獲得した。

〔写真特集〕男子フィギュア 羽生結弦~五輪連覇~

 日本勢の今大会のメダル獲得数は9(金1、銀5、銅3)。前回ソチ五輪の8を上回り、海外開催の冬季五輪では最多獲得数となった。過去最多のメダル数は1998年長野五輪の10。
 カーリングの日本女子は中国に6-7で初黒星を喫したが、OARを10-5で破って通算4勝1敗。日本男子はイタリアを6-5で下し、通算2勝2敗とした。ジャンプ男子個人ラージヒルは21歳の小林陵侑(土屋ホーム)が10位に入ったのが日本勢最高。竹内択(北野建設)は22位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は24位。ソチ五輪銀メダルで45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は2回目に進めなかった。
 ショートトラックでは、男子1000メートルで坂爪亮介(タカショー)が5位に入った。日本男子が個人種目で入賞したのは2006年トリノ大会以来で3大会ぶり。吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)は準々決勝で敗退した。女子1500メートルでは菊池純礼(トヨタ自動車)が11位。フリースタイルスキー男子エアリアル予選では田原直哉(ミルキーウェイ)が決勝に進めなかった。 (2018/02/17-23:35) 関連ニュース






コメントを残す