薬剤師アシスタントAI「ファーマシストオンライン」をリリース – 時事通信

Home » シェアリングシティ » 薬剤師アシスタントAI「ファーマシストオンライン」をリリース – 時事通信
シェアリングシティ コメントはまだありません



[株式会社ファーマクラウド]

日本初、Google Homeで薬局業務を効率化

薬局特化型SaaS「PHARSAS(ファーサス)」を開発、提供する株式会社ファーマクラウド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山口洋介)は、薬局向けGoogleアシスタント対応アプリ「ファーマシストオンライン」を2018年2月20日にリリースしました。Google HomeなどGoogleアシスタント対応スマートスピーカーに「OK Google、ファーマシストオンラインにつないで」と話しかけると、自薬局の調剤情報を問い合わせることができるようになります。
当社サービスの不動在庫シェアリングエコノミー「Med Share(メドシェア)」のデータとリンクさせることで、問い合わせ薬剤の調剤人数、調剤量、処方予測はもちろん、グループ内の他薬局の調剤情報についても、Google Homeが回答します。音声のみで操作が完結するため、パソコンの在庫管理ソフトに比べて約80%の省力化を実現しています。調剤情報の問い合わせ以外にも、慢性腎臓病患者の薬物投与量計算機能を腎臓内科医と共同開発中です。薬局業界にとどまることなく機能を拡張してブラッシュアップしていくことで、医療業界の生産性向上に貢献していく所存です。

◯ ファーマシストオンラインでできること(一例)

過去三ヶ月の処方人数:「(薬品名)は何人ぐらい?」
過去三ヶ月の処方量合計:「(薬品名)は何錠でてる?」
当月1日以降の28日以上処方予定:「(薬品名)はどのくらいでそう?」
他薬局の在庫を予測して、小分け可能な薬局をレコメンドする:「(薬品名)、どこかの薬局にない?」
割り算の余り計算:「90わる14は?」
番号から漢方名を回答する:「114番の名前は?」
漢方名(番号可)とグラム数から包数を回答する:「34番、445グラムは何包?」

(使い方に関する詳細はこちら: https://goo.gl/jmzu9Z

企業プレスリリース詳細へ (2018/02/21-15:01)






コメントを残す