インドで都市型農業ベンチャーが台頭 「10億ドル市場」を狙う – 環境ビジネスオンライン

Home » 民泊 » インドで都市型農業ベンチャーが台頭 「10億ドル市場」を狙う – 環境ビジネスオンライン
民泊 コメントはまだありません



インドでは近年、農業ベンチャーの設立が急増している。こうしたトレンドは、ここ数年前からであり、その多くは都市型農業をターゲットとしたビジネスとなっている。

ただし、栽培方法は植物工場のようなハイテクではなく、loTなどを活用しながら、よりローテクな栽培方式を採用しているケースが多い。





この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、海外での導入事例として参照できます。
  • 植物工場や都市型農業に対し製品・サービスを提供する企業にとって、競合他社の海外展開の事例として参考になります。
  • 学校関係者にとって、都市型農業を教育の場に導入した最新の海外事例として参考になります。



コメントを残す