観光チーム気仙沼にみやぎおもてなし大賞 地元産業生かし誘客図る – 河北新報

Home » 観光 » 観光チーム気仙沼にみやぎおもてなし大賞 地元産業生かし誘客図る – 河北新報
観光 コメントはまだありません



宮城のニュース

観光チーム気仙沼にみやぎおもてなし大賞 地元産業生かし誘客図る

表彰を受ける観光チーム気仙沼のメンバー

 県は観光振興や地域経済の活性化に貢献した個人や団体をたたえる本年度の「観光王国みやぎおもてなし大賞」に、気仙沼市で観光客誘致に取り組む事業者らのグループ「観光チーム気仙沼」を選んだ。
 観光チーム気仙沼は2015年から、製氷工場での巨大な氷の切断体験や職人によるメカジキの解体ショー、刺し網漁の漁業体験など地元産業を生かした観光プログラムを企画。40以上のメニューを用意し、延べ5000人以上を誘致した実績などが評価された。
 県庁で表彰式があり、村井嘉浩知事から賞状を受け取ったリーダーの広野一誠さん(34)は「地元産業への理解が広がり、就職希望者も増えている」と効果を説明。村井知事は「さらに多くの人を呼び込んでほしい」と激励した。
 大賞は県が14年度に創設し、4回目。本年度は10件の応募があった。

2018年02月24日土曜日






コメントを残す