ホテル開業ラッシュ、民泊拡大… 供給過剰で価格競争激化の懸念 (1/2ページ) – SankeiBiz

Home » 民泊 » ホテル開業ラッシュ、民泊拡大… 供給過剰で価格競争激化の懸念 (1/2ページ) – SankeiBiz
民泊 コメントはまだありません



 訪日外国人の宿泊需要を狙って、ホテルの開業ラッシュが続いている。国内外の大手チェーンのほか、異業種の参入も多く、東京五輪が開催される2020年には主要都市の客室数が16年比で3割増える見通しだ。民泊市場の拡大も見込まれ、客室不足への懸念から一転、供給過剰に伴う価格競争の激化を心配する声も出てきた。

 新規参入

 「和をテーマにした内装で外国人の需要を取り込みたい」。カジュアル衣料大手のストライプインターナショナル(岡山市)は2月、東京・渋谷に店舗併設型のホテルを初めて開業。企画を手掛けた篠永奈緒美クリエイティブディレクターはこう意気込みを語った。

 こうした新規参入がホテル市場に相次いでいる。婚礼大手テイクアンドギヴ・ニーズは東京・渋谷に、キャンプ用品のスノーピークは神奈川県横須賀市にそれぞれ宿泊施設を開業した。良品計画も来年春をめどに東京・銀座にホテルを開く計画だ。

 不動産サービス大手のCBRE(東京)の調べでは、東京や大阪、京都など主要8都市の客室数は20年末時点で約33万室と、16年末から32%増える見通しという。

変調の兆し






コメントを残す