「醸造の町」、官民で観光拠点に 新潟・長岡市 – 日本経済新聞

Home » 観光 » 「醸造の町」、官民で観光拠点に 新潟・長岡市 – 日本経済新聞
観光 コメントはまだありません



 日本酒やしょうゆ、味噌などの蔵元が集まる新潟県長岡市の摂田屋地区で、官民による観光拠点づくりが本格的に動き出す。市が同地区のシンボル「機那サフラン酒本舗」の再整備に乗り出す。市民団体やNPO法人が保存活動を続けてきたが、老朽化が進み維持が難しくなっていた。新たに整備する飲食店や売店などは民間主導で運営し、にぎわいを創出する。

 長岡駅から車で約15分。歴史的な建造物が残る摂田屋地区の中でも、異彩を…






コメントを残す