容疑者起訴 殺人容疑、捜査進む 神戸地検 – 毎日新聞

Home » 民泊 » 容疑者起訴 殺人容疑、捜査進む 神戸地検 – 毎日新聞
民泊 コメントはまだありません




 兵庫県三田市の女性会社員(27)の切断遺体が大阪市内の民泊などで見つかった事件で、神戸地検は20日、米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)を死体損壊と死体遺棄の罪で起訴した。女性は絞殺されたとみられ、県警三田署捜査本部はバイラクタル被告が関与したとみており、殺人容疑での再逮捕に向けて捜査を進めている。同被告はほぼ黙秘しているという。

 起訴状によると、同被告は2月16~18日、滞在していた大阪市東成区のマンションの民泊部屋で、女性の遺体を切断。同18日に京都市山科区の竹やぶに両脚、同20、21日に大阪府島本町の竹やぶなどに両腕と胴体を遺棄した。同19~21日、大阪市西成区の民泊施設の部屋に頭部を放置したとされる。【黒川優】







コメントを残す