【淡路島】季節の花が満開の淡路島をゆっくりドライブ。ひと休みに行きたいレトロカフェ4選 – BIGLOBEニュース

Home » 古民家 » 【淡路島】季節の花が満開の淡路島をゆっくりドライブ。ひと休みに行きたいレトロカフェ4選 – BIGLOBEニュース
古民家 コメントはまだありません



海沿いのドライブか気持ちのいい淡路島。古代から「御食国(みつけのくに)」とよばれた食の宝庫で、全国的に有名な玉ねぎをはじめとする淡路牛、新鮮な地魚などおいしい食材があふれています。

今回は、そんな淡路島で立ち寄りたいレトロカフェをご紹介。古い建物を利用した民家は、心地よい空間が魅力です。島の食材を活かしたメニューでゆっくりランチはいかがですか?

旬の食材で季節を味わう御膳ランチ。「 淡」


アンティーク家具とカラフルなガラスがすてきな店内。和室もあり

北淡ICから車で10分の生田地区にある、「島のごちそう。古民家カフェと宿 淡」。金曜から日曜の週末のみオープンするこちらのカフェは、豊かな緑に包まれた古民家を再利用したカフェ。店主が島の旬素材を使ってていねいに作るランチがいただけます。


「島のごちそうランチ」の内容は週替わり

おすすめは、週替わりの「島のごちそうランチ」(ごはん・汁物・漬物付き。1500円)。淡路島の旬の食材を盛り込んだ、3品の前菜と、小鉢が4品の定食スタイルの御膳です。新鮮な食材を活かした味わい豊かなメニューに、地元産の古代米を使ったごはんも進みます。

カフェタイムには、季節のフルーツ、手作りアイス&ケーキを背の高いグラスにきれいに盛り付けた「淡パフェ」を楽しんで。

淡路島産の牛乳&卵を使ったワッフル。「ふくカフェ」


店内にはさまざまなタイプのイスが並ぶ

国生みの聖地が伝わる「おのころ島神社」へも近い場所に位置する「ふくカフェ」。築100年を超える古民家を改装した、ポップな感覚とどこか懐かしい雰囲気が同居するカフェです。


「ベリーベリーワッフル」(756円・セットのドリンクは100円引き)

スイーツの看板メニューは、淡路島産卵と牛乳をたっぷり使った、焼きたてのワッフル。ソースやトッピングが異なる9種類のほか、季節ごとに旬の素材を取り入れたワッフルも登場します。

淡路島産の玉葱を2時間かけてペーストし、16種ものスパイスや9種のフルーツを加えて煮込んだ「淡路島カレー」のランチや、カフェの離れの焙煎工房で豆をローストし、島の湧水で入れるこだわりのコーヒーもおすすめです。

淡路牛や島の野菜をコースで。「農Cafe【八十八屋】」

淡路島のなかほど、洲本エリアにある「農Cafe【八十八屋】(のうカフェはちじゅうはちや)」。共に淡路島出身でUターンしたオーナー夫妻が“たべるをつなぐ”をコンセプトにオープンしたカフェです。民家をリノベーションした店内は、木のぬくもりが感じられます。


10種類以上の野菜を楽しめる農園プレート。「季節の八十八屋ランチ」(1728円)

淡路島の契約農家や朝市で仕入れる、旬の野菜を使った料理やスイーツが味わえます。コース仕立ての「季節の八十八屋ランチ」のメインディッシュは、たっぷり盛られた農園プレート。新鮮な野菜をバーニャカウダと季節のソースで食べられます。

「スペシャルランチ」(2592円)では、農園プレートのミニサイズに、淡路牛のロースを使ったメインがセットに。淡路島の恵みを余すことなく味わえますよ。

ふわふわパンケーキ&虹色のラテ! 「ワカバ カフェ」


店内はリゾートのようなハワイアンムード

西淡ICから車で約12分。南あわじ市の「Wakaba Cafe(ワカバ カフェ)」は、関西のパンケーキ好きのあいだでも人気のお店です。「ふわトロパンケーキ(キャラメル)」は、軽い食感のスフレパンケーキが3枚に、生クリームとキャラメルソースをたっぷりデコレーション。ボリュ―ミーに見えますが、パンケーキはふわふわでとろけるような食感なので、ぺろりといただけます。ランチ後のデザートにしたいという方には、2枚のミニサイズがおすすめです。


左:「ふわトロパンケーキ(キャラメル)」(900円)、「カフェラテ レギュラー」(300円) 右:「レインボーラテ」(320円)

パンケーキのお共には、カラフルな「レインボーラテ」をどうぞ。赤や緑の食紅を使って仕上げるラテは、写真映えするアート感あふれる一杯。

動物などを描く通常のラテアートなら、文字リクエストを受け付けてくれるそう。旅行記念にお願いしてみるのもいいですね。

*****

いかがでしたか?

今回は、淡路島のすてきなレトロカフェをご紹介しました。ぜひ今度のお出かけの参考にしてくださいね。



コメントを残す