「ホテル・アンドルームス新大阪」 2018年10月1日オープン – 週刊ホテルレストラン(株式会社オータパブリケイションズ)

Home » インバウンド » 「ホテル・アンドルームス新大阪」 2018年10月1日オープン – 週刊ホテルレストラン(株式会社オータパブリケイションズ)
インバウンド コメントはまだありません



一泊のストーリーを充実させる「&」があるホテル 「ホテル・アンドルームス新大阪」 2018年10月1日オープン

外観 ※イメージ
外観 ※イメージ

「ホテル・アンドルームス」第3弾は新大阪へ出店。

1階にはそば屋を直営予定。 

全国で宿泊施設を展開するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 理、以下ソラーレホテルズ、http://www.solarehotels.com )は、自社オリジナルブランド「ホテル・アンドルームス」第3号店として、本年10月1日、大阪市淀川区に「ホテル・アンドルームス新大阪」(以下当ホテル)を出店いたします。 

「ホテル・アンドルームス」は、「一泊のストーリーを充実させる『&』があるホテル」というキャッチコピーのもと、都市のなかにあるホテルで豊かな時間を過ごしていただくために、そこにあったら嬉しい「&」をホテルにプラスしていくことがコンセプトの都市型ホテルブランドです。 

2017年4月には第1号店として同市内に「ホテル・アンドルームス大阪本町」を開業。

本年6月26日開業予定の2号店「ホテル・アンドルームス名古屋栄」に続く3号店となります。

当ホテルは、JR・大阪市営地下鉄御堂筋線「新大阪駅」4番出口より徒歩6分のロケーションで、

オフィス街として人気を集める新大阪北口エリアへ出店します。

新幹線利用者を想定した国内のビジネス需要はさることながら、

新大阪駅はJR線の特急を利用した関西空港へのアクセスも良好であり、

アジアを主とした外国人観光客の需要も想定しています。 

2017年には、大阪府を訪れた訪日外国人客(インバウンド)の数が1,100万人を超えています。

関西空港を離発着する格安航空会社(LCC)の便が増え、政府による査証(ビザ)発給要件の緩和など、中国や韓国、台湾を中心に訪日観光客は急増しています。

米クレジットカード大手が昨年発表した「世界渡航先ランキング」でも、

大阪への渡航者数(2009~2016年)の年平均増加率は24%で世界132都市中トップになるなど、近年外国人に人気の都市となっています。

中でも特に新大阪は非常に将来性、発展性のあるエリアであると捉えております。 

なお、当ホテルでは、このブランドロゴが示すよう3つの「&」を提供します。 
・&そば屋(予定) 

・&モーニングデリバリーサービス(朝食を客室まで配達) 

・&銭湯風大浴場 

1階では、そば屋を直営で営業する予定です。

朝食ではそばを中心とした軽食を提供し、朝はゆっくりお部屋でくつろぎたい方に向けて、

数量限定・予約制で朝食を客室にお届けする「モーニングデリバリーサービス」を提供します。

また、男女別に設けられた大浴場では、昔懐かしいタイルを使ったデザインを採用して、現代版の銭湯スタイルを演出します。 

ソラーレホテルズでは、ただ泊まるだけの施設ではなく、ホテルに「&」をプラスすることで、

宿泊の付加価値を生み出し、ここにしかないサービスと体験を提供してまいります。

ホテル・アンドルームス新大阪 概要
ホテル・アンドルームス新大阪 概要

ロビー ※イメージ
ロビー ※イメージ

客室(デラックスツイン)  ※イメージ
客室(デラックスツイン)  ※イメージ

大浴場 ※イメージ
大浴場 ※イメージ

*ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社について :- “ Nationwide for all occasions”

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社は、「雨庵 金沢」、「インソムニア 赤坂」「ハタゴイン」

「ホテル・アンドルームス」「ランプライトブックスホテル」「ロワジール」、「チサン」などのブランドを有し、

2018年4月現在、従業員約1,400名、ホテル数、50軒、総客室数7,492室の運営、

フランチャイズ、アセットマネジメントをしているホテルグループです。
http://www.solarehotels.co.jp






コメントを残す