米国籍の男を殺人容疑で再逮捕 民泊女性監禁事件 – 朝日新聞

Home » 民泊 » 米国籍の男を殺人容疑で再逮捕 民泊女性監禁事件 – 朝日新聞
民泊 コメントはまだありません



 兵庫県三田市の女性会社員(当時27)の切断遺体が大阪、京都両府の民泊部屋や山中で見つかった事件で、兵庫県警は11日、米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)=死体損壊と死体遺棄罪で起訴=を殺人容疑で再逮捕し、発表した。「殺していません」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、同容疑者は2月16日午前0時15分から同4時25分ごろの間、大阪市東成区中道2丁目のマンションにある民泊部屋で、女性の首を手で圧迫して殺害した疑いがある。

 マンションの防犯カメラの映像などから、県警は2人がこの時間帯に一緒に部屋にいたと判断。遺体の司法解剖で、女性がこの頃に急性窒息死したとみられることもわかり、死亡の経緯を調べていた。

 同容疑者は同18日までに女性の遺体を室内で切断し、同21日までに大阪市西成区の別の民泊部屋や、大阪府島本町と京都市山科区の山中に遺棄したとして、3月20日に起訴された。遺体は同容疑者の供述に基づき、2月下旬に見つかったが、その後の調べには黙秘を続けていたという。






コメントを残す