路線バス、岐路に 深刻な運転手不足 地方、減便などの影響 – 毎日新聞

Home » 廃線・廃駅 » 路線バス、岐路に 深刻な運転手不足 地方、減便などの影響 – 毎日新聞
廃線・廃駅 コメントはまだありません



 全国の路線バスで運転手不足による減便などの影響が広がっている。企業などの求人数が職を求める人を大幅に上回る「売り手市場」となる中、安定職種として人気のあったバス運転手でも採用確保が難しいのが現状だ。人口減で増収も見通せず、地方の公共交通機関が路線網を維持できるか岐路に差し掛かっている。

 「運転手の待遇改善を図る必要があった。将来的なバス路線網の維持へ労働時間を削減するための苦渋の決断だった」。福岡市中心部を走る路線バスの最終便の繰り上げに踏み切った西日本鉄道の幹部はこう強調した。

 西鉄グループはバス事業国内最大手で、約4200人の運転手を抱える。バスの車体に運転手募集の広告を載…




この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1123文字)




コメントを残す