ASCII.jp:すき家「うな丼」発売へ 価格やや高く – ASCII.jp

Home » パワースポット » ASCII.jp:すき家「うな丼」発売へ 価格やや高く – ASCII.jp
パワースポット コメントはまだありません



メニューは4種類で790円から:

2018年04月11日 13時15分更新

文● G. Raymond

 牛丼チェーンすき家が11日、うなぎを使った新メニューを発表。18日から販売する。メニューは「うな丼」、牛丼とうな丼を合体させた「うな牛」、うな丼にとろろをのせた「うなとろ丼」、うな丼に温泉玉子をのせた「うなたま丼」の4種類。価格はうな丼(並盛)が790円。

 昨年4月発売のうな丼(並盛り)は780円だったため、10円の値上げになった。

 うなぎは焼いてから蒸し、タレで3度つけ焼きをくりかえしてかば焼きにする。同社サイトによれば、うなぎは中国の福建省や広東省で養殖されたもの。流通過程で同社が計11回の検査をしているという。検査基準としては流通している一般的な養殖うなぎよりも厳しいそうだ。

●メニュー(並盛り価格)
うな丼 790円
うな牛 890円
うなとろ丼 890円
うなたま丼 860円

■関連サイト



カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘
  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>






コメントを残す