移住増へ、強み課題抽出/東北活性研が東北圏社会経済白書を刊行 – 電気新聞

Home » UIターン » 移住増へ、強み課題抽出/東北活性研が東北圏社会経済白書を刊行 – 電気新聞
UIターン コメントはまだありません



 東北活性化研究センター(会長=海輪誠・東北電力会長)はこのほど、新潟県を含む東北圏内の社会経済調査や分析結果をまとめた2017年度「東北圏社会経済白書」を刊行した。白書は3部構成で5回目の発行となる。第2部の特集で移住者の増加や交流人口の拡大に向けて東北圏の魅力を高め、発信していくことの重要性を強調。アンケート調査などを実施し、東北圏の強みと課題について抽出した。
 「東北圏の魅力発信」をテーマとした第2部では、独自の幸福度指標や東北圏に対するイメージ調査などを活用して東北圏の強みと課題を整理。

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください






コメントを残す