舞鶴に音楽イベント誘致 来月「コミッション」設立 地域振興へ全国初の試み – 産経ニュース

Home » 聖地巡礼 » 舞鶴に音楽イベント誘致 来月「コミッション」設立 地域振興へ全国初の試み – 産経ニュース
聖地巡礼 コメントはまだありません



 音楽イベントの誘致などを通じて地域振興を図ろうと、舞鶴市は「日本観光振興協会」や音楽情報を発信する「oriconMEコンフィデンス」などと協力して、5月に「舞鶴ミュージックコミッション」を設立する。自治体と一般企業・団体の共同組織で、音楽イベント誘致などを仲介するのは全国初の試み。

 「ミュージックコミッション」は、映画のロケ地を誘致する「フィルムコミッション」の音楽版。舞鶴市が事務局を務め、観光振興を目指す「日本観光振興協会」、コンサート事業者らでつくる「コンサートプロモーターズ協会」、音楽情報サービス会社オリコンのグループ会社である「oriconMEコンフィデンス」が協力する。

 都市部のコンサート開催地が“飽和状態”となるなか、昨年9月、同協会が舞鶴市を同社に紹介。同社が10、12月に同市を視察してミュージックコミッション設立の構想が固まった。

 同コミッションでは、赤れんがパークや前島埠(ふ)頭(とう)など同市の地域資源を生かし、5万人規模の音楽イベントやミュージックビデオ撮影など誘致する。「ミュージックツーリズム」を掲げて、交流人口の拡大やイベントの観客による観光振興、音楽文化の発信を行う。具体的には、まずは音楽プロモーターの視察旅行などを行い、数年後のイベント開催につなげる予定。

 同市は「音楽業界と連携して、地域の観光資源などを活用したミュージックツーリズムを実現し、新しい文化の創造につながる環境をまち全体で提供したい」としている。






コメントを残す