イオンがレジ10万台でVisaの非接触IC決済に対応へ、訪日外国人取り込み狙う – ITpro

Home » インバウンド » イオンがレジ10万台でVisaの非接触IC決済に対応へ、訪日外国人取り込み狙う – ITpro
インバウンド コメントはまだありません



この記事は日経 xTECH登録会員限定ですが、2018年4月17日16時まではどなたでもご覧いただけます。

 イオンとビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は2018年4月16日、全国のイオングループの店舗のレジ約10万台でICカードの国際標準規格「Type A/B」を使った非接触IC決済を導入する計画を発表した。2019年3月から2020年3月にかけて順次、各店舗で導入する。Visaの非接触IC決済に対応したクレジットカードやスマートフォン(海外で販売されるiPhoneなど)を決済端末にタッチするだけで支払いが完了する。

(左から)イオンの鈴木正規執行役総合金融事業担当、岡崎双一執行役GMS事業担当、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの安渕聖司社長

[画像のクリックで拡大表示]

 イオンはこれまで、イオンカードを含むクレジットカードを利用する際、レジで磁気ストライプを読み取り、一定金額以上ではサインを求める方式で決済していた。今後は、3万円まではクレジットカードを端末にタッチするだけで決済が完了する。3万円を超える場合は暗証番号の入力が必要。

タッチ決済のデモ。決済端末にクレジットカードをタッチするだけで支払いが完了する

[画像のクリックで拡大表示]

 イオンの岡崎双一執行役GMS事業担当は「国内のお客様はクレジットカードを店員に渡すことなく、カードを手元に持ったまま安心して決済できる。国際標準に対応しセキュリティも向上する。海外で広く普及している非接触IC決済(カードやスマートフォン)がそのまま使えるため、急増する訪日外国人のお客様の利便性向上にもつながる」と説明した。

 ただし現時点では、日本国内でVisaの非接触決済に対応したクレジットカードはほとんど発行されていない。カードを普及させるため、グループのイオン銀行が発行するイオンカードのVisaブランド全券種(一部の交通系提携カードを除く)で、2018年9月以降順次、新規発行分をVisaの非接触IC決済に対応した新型カードにする。既存会員については、有効期限が到来した際に新型カードに交換。有効期限がない会員から希望があれば再発行扱いで交換する。

 イオン傘下の総合スーパーであるイオン、コンビニのミニストップ、ドラッグストアのウエルシア、食品スーパーのマックスバリュなど、原則として全業態のほぼすべてのレジ約10万台が対象になる。既にWAON(ワオン)やSuica(スイカ)などの電子マネー非接触電子マネー決済を導入している店舗は、決済端末はそのまま使い、システム改修で対応する。WAONなどは引き続き使える。

 Visaの非接触IC決済は、国内では日本マクドナルドやカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)などの店舗で使えるが、まだ採用例が少ない。イオンの採用によって使える店舗と対応カードの両方が一挙に増え、他社店舗が採用する契機になる可能性がある。

 イオンは今回のシステム改修と同時に、2018年6月に施行される改正割賦販売法で義務づけられる接触ICクレジットカード対応も始める。






コメントを残す