ソーラー電力100%でまかなう電気自動車のシェアリングサービス「We … – Techable

Home » シェアリングシティ » ソーラー電力100%でまかなう電気自動車のシェアリングサービス「We … – Techable
シェアリングシティ コメントはまだありません



オランダ第四の都市・ユトレヒトで2016年9月に創設された「We Drive Solar(ウイ・ドライブ・ソーラー)」は、世界初となる、ソーラー電力100%の充電ステーションを活用した電気自動車(EV)シェアリングサービスだ。

・ソーラー電力100%でまかなうEVシェアリングサービス

「We Drive Solar」では、仏自動車メーカー「ルノー」が製造する5人乗りの電気自動車「ZOE(ゾエ)」を採用。

ユトレヒト市内には、すべての電力を太陽光発電でまかなう専用のスマート充電ステーションが設置されている。

「ZOE」は従来の電気自動車に比べて2倍から6倍速く充電できるのが特徴で、「We Drive Solar」の充電ステーションで1時間充電すると、最長140キロメートルの距離を走行でき、フル充電すれば、約300キロメートルを走行可能だ。

「We Drive Solar」には、運転免許証を取得した18歳以上のドライバーが加入でき、月額利用料は、保険料や管理費も含め、99ユーロ(約1万3130円)から設定。

なお、利用ごとの予約や電気自動車のドアロックの解除は、スマートフォンを介して操作する仕組みとなっている。

・エコでサステナブルなシェアリングモビリティ

「We Drive Solar」は、電気自動車の動力源としてソーラー電力を活用し、カーシェアリングのサービスモデルを導入することで車両稼働率を上げるという、再生可能エネルギーとシェアリングエコノミー(共有経済)を融合させたモビリティを提供している点が、秀逸といえるだろう。(文 松岡由希子)

We Drive Solar



コメントを残す