豊中市長選/豊中市議補選 告示 市長選、3新人の争い 市議補選は5人出馬 /大阪 – 毎日新聞

Home » 企業誘致 » 豊中市長選/豊中市議補選 告示 市長選、3新人の争い 市議補選は5人出馬 /大阪 – 毎日新聞
企業誘致 コメントはまだありません



大阪・豊中市長選が告示され第一声を上げる(右から届け出順に)松岡信道氏、長内繁樹氏、中川隆弘氏



 任期満了に伴う豊中市長選は15日告示され、元市議で無所属の松岡信道氏(37)▽元副市長で無所属の長内繁樹氏(59)=自民、立憲、希望、公明、自由、社民、民進推薦▽元府議で大阪維新の会の中川隆弘氏(58)--の新人3人が立候補を届け出た。

 同時に告示された市議補選(改選数3)には、元職3人、新人2人の計5人が立候補。党派別の内訳は自民1人、大阪維新の会2人、無所属2人。

 いずれも投票は22日午前7時~午後8時、66カ所で実施され、午後9時15分から同市新千里東町3の市立豊泉家千里体育館で即日開票される。

 14日現在の選挙人名簿登録者数は33万4681人(男15万6892人、女17万7789人)。【松本紫帆】

 ◆立候補者の第一声(届け出順)

若返りで変化生む 松岡信道候補(37)=無新

 松岡氏は午前9時ごろ、阪急豊中駅前で第一声を上げ、学生時代から熱中してきたラグビーのジャージ姿で「市長も世代交代だ」とアピール。学校法人「森友学園」への国有地売却問題を引き合いに出し、「今の市政を続けていれば、また起こりかねない」と刷新を訴えた。

 また、37歳という若さを強調。近年は府内でも20、30代の市長が誕生しているとし、「市長が若返れば、変化が生まれる。将来を担える責任世代に今こそ託してほしい」と語った。【池田一生】

改革進め市を成長 長内繁樹候補(59)=無新

 長内氏は午前9時ごろ、中桜塚1の原田神社で第一声を上げ、「『改革』は唱えるのではなく自らするもの。その中で豊中を成長させていく」と力を込めた。副市長を退任した2月以降、市内を回ったことを紹介し、「自分の目で見て、政策を訴えていく源になった」と強調。子育て政策については「対策をしっかりしてまちの活力を引き出す。赤ちゃんからお年寄りまでみんなで光り輝く豊中を目指す」と訴えた。

 浅利敬一郎市長(72)や近隣首長も駆け付けた。【松本紫帆】

人口増やしていく 中川隆弘候補(58)=維新

 中川氏は午前9時ごろ、稲津町の駐車場で第一声。市職員数の適正化や市長報酬のカットなどの「身を切る改革」を公約に掲げており、「公務員改革で、ぬるま湯体質から汗をかく体質に変えていかないといけない」と訴えた。また、企業誘致や子育て支援に注力する施策を推進することで、市の人口を増やしていくと強調した。

 駆け付けた大阪維新の会幹事長の今井豊府議は「実績と行動力、覚悟が違う。新しい改革のともしびを」と呼びかけた。【真野敏幸】


松岡信道(まつおか・あきみち) 37 無新

 [元]市副議長[歴]府信用農協連職員▽NPO代表▽同志社大

長内繁樹(おさない・しげき) 59 無新

 [元]副市長[歴]銀行員▽市高齢介護課長・健康福祉部長▽関西学院大=[自][立][希][公][由][社][民]

中川隆弘(なかがわ・たかひろ) 58 維新

 [元]府議[歴]住友ゴム工業社員▽大阪維新府議団副幹事長▽近畿大


 ◆立候補者届け出順

豊中市議補選(改選数3-5)

大田康治 50 維元 機械製作会社員[歴]PTA会長

沢村美香 54 維新 警備会社役員[歴]ピアノ講師

白岩正三 42 無元 NPO監事▽大学非常勤講師

中岡裕晶 49 自元 シンクタンク会社員[歴]府議

小林清 69 無新 市民団体会長[歴]空調設備会社員







コメントを残す