上毛の魅力発信 定住に力 地域おこし隊員・中村さん着任 : 地域 : 読売 … – 読売新聞

Home » 企業誘致 » 上毛の魅力発信 定住に力 地域おこし隊員・中村さん着任 : 地域 : 読売 … – 読売新聞
企業誘致 コメントはまだありません



 上毛町で3人目の地域おこし協力隊員となる滋賀県甲賀市出身の中村寛志さん(22)が今月、着任した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで町のPRを担当する中村さんは、「上毛の魅力を発信し、定住につなげることができれば」と意気込んでいる。任期は2021年3月末まで。

 中村さんは上毛町に接する大分県中津市で生まれ、甲賀市で育った。カメラが趣味の父親の影響で写真を始め、高校では写真部に入部、本格的に取り組み始めた。人物や風景などを撮るのが好きで、高校時代にはコンクールで入選したこともあるという。

 高校卒業後は、京都造形芸術大に進み、写真や現代美術などを学び、先月卒業した。

 地域おこし協力隊に応募したのは、上毛町出身の大学の恩師に勧められたことなどがきっかけ。祖父母が中津市に住んでいることもあり、中村さんにとって上毛町は身近な存在だったという。

 1日付で「情報発信力強化隊員&移住・定住サポーター」として採用された。町企画情報課に配属され、大平支所に勤務。町の催しなどの写真を撮り、町の公式ホームページやフェイスブックで情報発信をする。移住希望者との橋渡しも行うという。

 中村さんは「高齢者に活力を感じる町。町の魅力を掘り起こしていきたい」と話している。






コメントを残す