民泊は最強の“自宅” 伊豆の民泊初体験(静岡県) – トラベルニュースat

Home » 民泊 » 民泊は最強の“自宅” 伊豆の民泊初体験(静岡県) – トラベルニュースat
民泊 コメントはまだありません



2018年3月2日(金) 民泊を初体験しようとAirbnbで検索すると、想像以上に多種多様な施設があり絶句。民家の一室やドミトリー(相部屋)のゲストハウスといった典型的施設だけでなく、普通の宿も多数登録され、貸別荘やリゾートマンション、リゾート施設全体の貸切まで揃っています。まるでリゾート物件を探す不動産屋のサイトで、自分がどんな物件で何をしたいのか、目的意識の明確化が先だと思い知りました。

私の目的は、老後の夢である温泉地への移住を予行演習できる施設で、民泊には実現可能な物件が無数にあります。最終的に選んだのは海を望む山上の別荘貸切で、山全体がホスト(オーナー)の所有というゴージャスな物件。海を望むバルコニーも雰囲気抜群なので、インスタ映えするホームパーティも計画し、妻の最近の夢だった「おしゃれピクニック」まで実現できました。

おしゃピク実施は直前に決めたのですが、持参する食材や食器を夫婦で相談する段階から、すでに猛烈に楽しかったのです。遠足前の子どものような、猛烈なワクワク感を久しぶりに経験できました…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2018年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください

この記事をシェアする

温泉道への招待 の新着記事






コメントを残す