松井知事、秋の投票断念 法定協議論進まず – 毎日新聞

Home » 住民投票 » 松井知事、秋の投票断念 法定協議論進まず – 毎日新聞
住民投票 コメントはまだありません



 大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想の賛否を問う住民投票の実施時期を巡り、大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)は16日の定例記者会見で、目指してきた9~10月実施について「物理的に厳しい」と述べ、今秋の実施見送りを事実上認めた。制度設計を協議する法定協議会(法定協)での議論が進んでいないことが理由。今後は、連携を模索する公明党と新たな実施時期を探る。

 松井知事は、否決された2015年の前回住民投票から17日で3年を迎えるにあたり、「(府市連携で)『…




この記事は有料記事です。

残り255文字(全文487文字)




コメントを残す