深圳文博会が閉幕、海外から2万人以上が参加 – AFPBB News

Home » 企業誘致 » 深圳文博会が閉幕、海外から2万人以上が参加 – AFPBB News
企業誘致 コメントはまだありません



【新華社深圳5月15日】第14回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会(深圳文博会)が14日、閉幕した。海外からの参加者は前回を1370人上回る2万1386人に達した。

 今回の文博会には政府代表団や企業、機関など2308社・団体が出展し、前回より6社・団体増えた。全国31の省・自治区・直轄市と香港・マカオ・台湾地区はすべて出展し、これで9回連続のすべての出展となった。同博覧交易会の組織委員会弁公室によると、開催期間中、各地は様々な企業誘致活動やプレゼンテーションを行い、合意した投資額は数千億元(1元=約17円)に達した。

 海外からは42の国と地域から130社・団体が出展し、101の国や地域から2万1386人が参加、出展、購買した。今年の「一帯一路・国際館」には40の国と地域が出展し、昨年より5カ国・地域増加した。

 来場者の総数は延べ733万2600人で、前回に比べ67万1500人、率にして10.08%増えた。そのうち、業界関係者の来場者数が来場者総数の17.39%を占める127万5700人で、前回に比べ9万2800人率にして7.84%増加した。(c)新華社/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。






コメントを残す