4月の訪日客290万人、民泊届け出は724件 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 民泊 » 4月の訪日客290万人、民泊届け出は724件 :日本経済新聞 – 日本経済新聞
民泊 コメントはまだありません



 日本政府観光局(JNTO)が17日に発表した4月の訪日客数は、前年同月比12.5%増の290万700人となった。単月ベースで過去最高を更新した。また同日、記者会見した観光庁の田村明比古長官は、民泊事業者の届け出件数が5月11日時点で724件だったと明らかにした。

 訪日客の国・地域別は、中国が29.2%増の68万3400人と最も多かった。2位は15.1%増の韓国、3位は13.7%増の台湾でいずれも2桁の伸び。春の桜見物を目当てにした訪日客などが増えたという。

 1~4月では1000万人を超え、年間で3000万人を突破する可能性が高まっている。田村長官は「20年の目標(4千万人)に向け着実に進んでいる」と述べた。

 住宅などに有料で観光客らを泊める民泊では、6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行される。民泊は普及が進んでいるが、物件の運営に必要な事業者の届け出は5月11日時点ではまだ724件にとどまった。4月13日時点では232件だった。観光庁は同日、違法民泊の取り締まりを徹底するため、21日に関係省庁の連絡会議を立ち上げると発表した。






コメントを残す