15言語でインバウンド対策! 東京都水上バスで多言語表示サービス「QR Translator」開始 – ValuePress! (プレスリリース)

Home » インバウンド » 15言語でインバウンド対策! 東京都水上バスで多言語表示サービス「QR Translator」開始 – ValuePress! (プレスリリース)
インバウンド コメントはまだありません



多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、2018年5月から東京都公園協会・東京水辺ラインが運営する水上バスに関する案内ガイドを15言語で紹介するサービスを開始いたしました。

 

【導入背景・利用内容】

インバウンド需要が増える中、浅草やお台場など、外国人観光客に人気の観光スポットを巡る水上バスでも訪日外国人対応として多言語対応に取り組むことになりました。QR TranslatorがQRコードを使ったシンプルなサービス内容であること、低コストで多言語対応を可能にすること、そして2017年に「東京都トライアル発注認定制度」に認定されたことによって導入が決まりました。

※東京都トライアル発注認定制度とは

都内中小企業の新規性の高い優れた新商品や新サービスの普及を支援する為、東京都が新商品を認定してPR等を行うと共に、その一部を試験的に購入し、評価する制度。

東京都水辺ラインの発行するリーフレットやコミュニケーションカード、船の発着場に設置してある看板にQR Translatorを取り入れ、水上バスの運行コースや時刻表情報、周辺の観光情報を紹介しています。また、料金換算機能を付けることで、乗船区間の金額も簡単に調べることができます。

(乗船地と下船地を選択して検索ボタンを押すと、自動的に料金が表示されます。(例:中国語簡体字))

■対応言語

15言語(日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、マレー語、アラビア語)

(左から日本語、フランス語、タイ語、アラビア語)

 

【多言語表示サービス「QR Translator」について】

QR Translatorは株式会社PIJINが提供しているQRコードを使った多言語表示サービスです。ユーザーがQRコードをスキャンするだけで、ユーザー端末の設定言語が認識され、自動的に翻訳文を表示します。

■主な機能

・専用アプリ不要:QRコードをスキャンするだけなので、専用アプリのダウンロード不要

・39言語対応:最大15言語の選択可能

・貼り替え不要:web上で簡単にコンテンツの修正・更新が可能

・音声読み上げ機能つき:障がい者の方にも情報を届けられるインフラ・サービス

■主な受賞実績

・2016年 世界発信プロジェクト「革新的サービス大賞」

・2017年 Keihanna Venture Championship「特別賞」

・2017年 九都県市のきらりと光る産業技術表彰「東京都代表」

・2018年 ジャパン・レジリエンス・アワード「強靭化大賞」

■主な導入実績(展示施設)

・東京都庁45階展望室

・横浜税関資料展示室

・サンシャイン水族館

・日光自然博物館

■主な導入実績(観光案内)

・静岡県 三島市

・奈良県 奈良市

・愛媛県 内子町

・神奈川県 藤沢市 江の島

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※「QR Translator」は株式会社PIJINの登録商標です。

※「QR Translator」の仕組みは、日本と米国、ロシア、中国で特許を取得済です。

【株式会社PIJINについて】

代表取締役社長:松本 恭輔

本社:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-3 山本ビル別館8階

TEL:03-4531-9690

URL:https://jp.qrtranslator.com/

【公益財団法人 東京都公園協会・東京水辺ラインについて】

公益財団法人 東京都公園協会の水辺事業部では、東京湾・隅田川・荒川エリアで水上バスを運航しています。水上バスは通常時は観光用として利用されますが、震災時には防災船として救援物資や医療救護班・患者等の移送を担う役割も担っています。

住所:〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 国技館前東誠ビル4階

TEL:03-5608-8869

FAX:03-5608-8735

URL:https://www.tokyo-park.or.jp/waterbus/index.html






コメントを残す