「ぐるなび」業績発表に失望売り相次ぎ、株価は1000円割れ – M&A Online

Home » オーナー制度 » 「ぐるなび」業績発表に失望売り相次ぎ、株価は1000円割れ – M&A Online
オーナー制度 コメントはまだありません



街角で配布する「ホットペッパー」の牙城だった飲食店の集客を、IT化によって一変させた革命児ぐるなび<2440>。飲食店を開業したら何より先に「ぐるなび」に登録、という常識を作るほどの一時代を築きましたが、ここにきてとうとう失速。5月9日に発表した決算では、2018年3月期の売上高が前期比2%減の362億2600万円、経常利益が29.6%減の47億4200万円。しかも、2019年3月期の予想が大幅減益。売上高が8.9%減の330億円、経常利益は73%減の7億3000万円です。株価は失望売りが続いて5月8日の1609円から5月11日には921円まで落ち込みました。なぜここまで業績が低下したのか。理由は2つです。

  • ①「ぐるなび」が発展性に乏しかった
  • ②ローカルビジネスにGoogleが本気を出した
ぐるなび
アニメーションとのコラボレーションで認知度拡大を狙う

ぐるなびのターゲットを絞らない戦略が仇に

ともかく、今回発表された業績を見てみましょう。

※( )は前期比

売上高 営業利益 経常利益
2017年3月期 369億1400万円(6.9%増) 66億8000万円(4.5%増) 67億4000万円(4.8%)
2018年3月期 361億9700万円(△1.9%) 47億3100万円(△29.2%) 47億8200万円(△29.1%)
2019年3月期(予想) 330億円(△8.9%) 13億円(△72.6%) 13億円(△73%)

ひとことで言って、悪いです。「ぐるなび」は一本足打法と表現して良いほど、ポータルサイトに収益を依存しています。つまり、業績が悪化したことは、契約店舗が減少したことを意味しています。2018年3月末の時点で、店舗数は6万123。1年前と比べて1.3減少しています。じわじわと「ぐるなび」離れが加速しているのです。なぜか。その優位性が失われたからです。もっというと、ぐるなびにはSEOという力しか備わっていなかったことが挙げられます。

下の表は、日本の主なグルメ媒体は3つです。

優位性 店舗の傾向
ホットペッパー クーポン 若者向けカジュアル店
ぐるなび すべての店舗
食べログ 口コミ 比較的業態力のある店舗

ホットペッパーはもともと街角で配られるクーポン雑誌でした。通勤途中で手に取った方も多いと思います。ホットペッパーはその流れで、クーポンメディアという位置づけを獲得しました。ユーザーは「より安く」食事をするために、ホットペッパーで店舗検索をかけるというインセンティブがあります。ですので、ホットペッパーに課金している店舗は、食べ飲み放題などがセールスポイントのところが多くなっています。

食べログは言わずもがな、口コミです。食べログの点数を気にするオーナーは良く見かけます。そして、過剰に気を使っているのは、”名店”とまではいかないものの、そこそこのリピーターがついて、そんなに評判が悪くない、点数が3.4くらいのお店です。0.1点上がった、下がったといって一喜一憂する姿は、食べログの思うつぼ。食べログは飲食ポータル業界の後発組です。ここまで認知度を拡大したのは、代理店制度を活用したためです。かつて、飲食業界で”一人勝ち”の殿様商売をしていた「ぐるなび」を敵視する人は多く、ユーザー目線で集客できる食べログを押した営業マン・コンサルタントが多かったのです。契約店舗数が拡大し、ユーザー認知度を得ることができました。






コメントを残す