特産梅干しで新商品 徳島・美郷スイーツ研究会が「熱中症予防に」とPR – 徳島新聞

Home » 特産品 » 特産梅干しで新商品 徳島・美郷スイーツ研究会が「熱中症予防に」とPR – 徳島新聞
特産品 コメントはまだありません



美郷スイーツ研究会が販売を始めた焼き菓子「ぶっとび焼梅」=吉野川市美郷の「ほのぼの工房」

美郷スイーツ研究会が販売を始めた焼き菓子「ぶっとび焼梅」=吉野川市美郷の「ほのぼの工房」

 徳島県吉野川市美郷の菓子業者でつくる「美郷スイーツ研究会」は、特産の梅干しを加工した焼き菓子「ぶっとび焼梅」を商品化し、地元の美郷物産館で販売を始めた。梅干しと比べて携帯しやすいのが特徴で、夏本番に向け、屋外で活動する際の熱中症対策として利用を勧めている。

 直径3センチほどの大梅を塩漬けにして種を除き、ホットプレートで焼いて水分を飛ばした。江戸時代の旅行者が梅干しを焼いて携帯していたことを知り、作り方の参考にした。

 塩分の多い梅干しは熱中症対策に有効な食品とされる。ただ水分や種があるため、瓶やパックに入れて持ち運ぶ必要があった。

 厚さ数ミリの焼梅はポケットに収まり、炎天下での農作業やスポーツ時に利用しやすい。研究会の南幸(みゆき)代表(62)=同市美郷田平=は「疲れたときや眠気覚ましにも効果的な一品。お茶を注ぐと梅茶になるので、日本の味が恋しくなる海外旅行でも使ってほしい」とPRする。

 1袋15グラム(5個程度)250円。問い合わせは美郷物産館<電0883(26)7888>。






コメントを残す